JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t8toshioに今すぐ質問する
t8toshio
t8toshio, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 168
経験:  税理士
62805737
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
t8toshioがオンラインで質問受付中

同一住所で生計は全く別ですが兄弟で建設業をしています 1人は前から白色申告者でそこから下請けで現場をもらっています

質問者の質問

同一住所で生計は全く別ですが兄弟で建設業をしています 1人は前から白色申告者でそこから下請けで現場をもらっています その場合もらっているほうも白色申告してもいいのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  Ryoko-Mod 返答済み 2 年 前.
こんにちは、こちらご投稿のカテゴリを管理しております Ryoko.M と申します。
お客様がご投稿になられた質問に回答できる専門家をお捜ししておりますが、回答ができる専門家を見つける
には、残念ながらもう少し時間がかかりそうです。
引き続きお探しいたしますが、もうすでにご投稿の質問への回答を見つけられた場合はご連絡ください
専門家:  t8toshio 返答済み 2 年 前.

お世話になります。早速質問に回答させていただきます。

本件、アルバイトなどとして仕事をする場合には、給与所得となり、外注として仕事を受ける場合には事業所得(白色申告)となります。

一般的に外注費になるかの判断基準は下記になります。

(1) その契約に係る役務の提供の内容が他人の代替を容れるかどうか。

(2) 役務の提供に当たり事業者の指揮監督を受けるかどうか。

(3) まだ引渡しを了しない完成品が不可抗力のため滅失した場合等においても、当該個人が権利として既に提供した役務に係る報酬の請求をなすことができるかどうか。

(4) 役務の提供に係る材料又は用具等を供与されているかどうか。

もらう方にとっては一般的に給与としたほうが有利となります。払うほうにとっては源泉徴収義務が生じるため、外注としたほうが有利となります。本件の場合には、上記の内容によりどちらに該当するのは判断されてください。

以上 ご参考になれば幸いです。よろしくお願いいたします。

税金 についての関連する質問