JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
fplawyerに今すぐ質問する
fplawyer
fplawyer, 弁護士・1級FP技能士・CFP
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 372
経験:  弁護士 1級ファイナンシャル・プランニング技能士・CFP
71156846
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
fplawyerがオンラインで質問受付中

私の兄と兄嫁が高知で暮らしています。 彼らの収入年金だけで、その額は220万/年に対して生活費は340万ぐらいかか

解決済みの質問:

私の兄と兄嫁が高知で暮らしています。
彼らの収入年金だけで、その額は220万/年に対して生活費は340万ぐらいかかるで、
年間120万ほど、援助しているのですが、彼らを扶養親族にして税金の控除を受けることはできますか?
私は横浜で生活しています。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  fplawyer 返答済み 2 年 前.
弁護士・1級ファイナンシャルプランニング技能士・CFPです。
お答えいたしますのでよろしくお願いします。
結論から申し上げますと、所得条件から、控除対象扶養親族に該当しないと思われますが、条件によってはなりますので以下ご検討下さい。
扶養控除の対象とするには、次の要件が必要です。
(1) 配偶者以外の親族(6親等内の血族及び3親等内の姻族をいいます。)であること
(2) 納税者と生計を一にしていること。
(3) 年間の合計「所得」金額が38万円以下であること。
(4) 青色申告者の事業専従者としてその年を通じて一度も給与の支払を受けていないこと又は白色申告者の事業専従者でないこと。
本件では、(3)が問題となり得ます。
公的年金収入は雑所得になりますが、雑「所得」は、次のように計算します。
年金収入-公的年金等控除額=雑所得
(計算方法は、国税庁HPhttps://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1600.htm)
年金収入が220万円の場合、公的年金等控除額は120万円です。
そこで、
220万円-120万円=100万円。
よって、雑所得が100万円あることになるので、上記(3)の要件を満たさず控除対象扶養親族に該当しません。
なお、ご質問では、兄と兄嫁の収入が220万円とのことですから、一人の年金収入が少ない場合には、上記計算を使って(年金収入3,299,999円までは、公的年金等控除額として120万円を控除できます)所得を計算し、38万円以下になる場合は、扶養対象親族として扶養控除をすることができます。
なお、以下、生計を一にしているについても記載します。
別居している者を扶養控除の対象とするためには、常に生活費、療養費等の送金が行われているなど「生計を一」にしていることが必要となります。
法令上、源泉徴収義務者に対してこれを証明する書類等を提出することまで必要とされているわけではありませんが、正しい扶養控除の計算を行うためには、銀行振込や現金書留により送金している事実を振込票や書留の写しなどの提示を受け確認することをお勧めします。
なお、「生計を一にする」とは、必ずしも同居を要件とするものではありません。
例えば、勤務、修学、療養費等の都合上別居している場合であっても、余暇には起居を共にすることを常例としている場合や、常に生活費、学資金、療養費等の送金が行われている場合には、「生計を一にする」ものとして取り扱われます。
なお、親族が同一の家屋に起居している場合には、明らかに互いに独立した生活を営んでいると認められる場合を除き、「生計を一にする」ものとして取り扱われます。
以上ご検討下さい。
質問者: 返答済み 2 年 前.

早速の回答ありがとうございました。

もう少し、教えてください。

兄の雑所得は、45万ちょっとあります。

兄は、3級障碍者で、現在69歳で今年8月に70歳になります。

兄嫁は70歳超えで、年金収入は60万ぐらいです。

兄たちの生活費は月付きに送金しているので通帳を見れば、援助はわかります。

以上の状況ですが、方法はありませんか?

専門家:  fplawyer 返答済み 2 年 前.
お答えいたします。
まず、障害の点についてです。
扶養親族が所得税法上の障害者に当てはまる場合には、一定の金額の所得控除を受けることができます。これを障害者控除といいます。
控除できる金額は障害者一人について27万円、特別障害者に該当する場合は40万円です。
簡略化しますと、(1) 身体障害者手帳3〜6級の方、(2) 知的障害者の方、(3) 精神障害者保健福祉手帳2級・3級の方は、障害者に該当します。
詳細は、次のとおりです。
障害者控除の対象となるのは、次のいずれかに当てはまる人です。
(1) 常に精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く状態にある人
この人は、特別障害者になります。
(2) 児童相談所、知的障害者更生相談所、精神保健福祉センター、精神保健指定医の判定により、知的障害者と判定された人
このうち重度の知的障害者と判定された人は、特別障害者になります。
(3) 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律の規定により精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている人
このうち障害等級が1級と記載されている人は、特別障害者になります。
(4) 身体障害者福祉法の規定により交付を受けた身体障害者手帳に、身体上の障害がある人として記載されている人
このうち障害の程度が1級又は2級と記載されている人は、特別障害者になります。
(5) 精神又は身体に障害のある年齢が満65歳以上の人で、その障害の程度が(1)、(2)又は(4)に掲げる人に準ずるものとして市町村長等や福祉事務所長の認定を受けている人
このうち特別障害者に準ずるものとして市町村長等や福祉事務所長の認定を受けている人は特別障害者になります。
(6) 戦傷病者特別援護法の規定により戦傷病者手帳の交付を受けている人
このうち障害の程度が恩給法に定める特別項症から第3項症までの人は、特別障害者となります。
(7) 原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律の規定により厚生労働大臣の認定を受けている人
この人は、特別障害者となります。
(8)  その年の12月31日の現況で引き続き6ヶ月以上にわたって身体の障害により寝たきりの状態で、複雑な介護を必要とする人
この人は、特別障害者となります。
次に、扶養控除ですが、
先に収入が220万円あるとのことでしたが、
「兄の雑所得は45万、兄嫁は70歳超えで、年金収入は60万」では、計算が合いませんが、
お兄様は年金収入がいくらなのでしょうか。
年金収入が165万円で、所得が45万円ということでしょうか。
仮に、この推測が正しい場合は、次のとおりです。
この場合、お兄様は、やはり、扶養に入りません。
しかし、他方、その奥様(兄嫁)は、所得が0円ですから、扶養対象となります(3親等内の姻族に該当します。)。
以上から、お兄様は、障害者控除27万円、その奥様(兄嫁)は、扶養控除38万円を利用できると考えます。
ご検討下さい。
質問者: 返答済み 2 年 前.

もうひとつ、確認します。

兄は、扶養親族にはならないのですが、障碍者控除27万円を私の税申告に使えますか?

兄の公的年金は136万で、生命保険の年金が84万で、合計220万です。

所得は16万と30万で、合計46万となり、扶養親族にはならない。

専門家:  fplawyer 返答済み 2 年 前.
お答えいたします。
障害者控除は、控除対象の扶養親族であることが要件です。
そこで、先の検討のとおりお兄様が扶養対象ではなかった場合には障害者控除も使えません。
そこで、先の回答を厳密に書きますと
「お兄様は、障害者控除27万円を使える可能性があり、その奥様(兄嫁)は、扶養控除38万円を利用できると考えます。」となります。
以上ご検討下さい。
fplawyerをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問