JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
fplawyerに今すぐ質問する
fplawyer
fplawyer, 弁護士・1級FP技能士・CFP
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 372
経験:  弁護士 1級ファイナンシャル・プランニング技能士・CFP
71156846
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
fplawyerがオンラインで質問受付中

夫:年収8,800,000 所得控除後金額:6,720,000 所得控除の額:1,346,320 源泉徴収額:6

解決済みの質問:

夫:年収8,800,000 所得控除後金額:6,720,000 所得控除の額:1,346,320
源泉徴収額:660,600
妻:パート 年収1,991,878 所得:1,211,600
夫は国民健康保険・国民年金
妻は会社の健康保険、厚生年金です。
妻の所得は103万に抑えたほうが税金上得なのでしょうか・・・
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  fplawyer 返答済み 2 年 前.
弁護士・1級ファイナンシャルプランニング技能士・CFPです。
お答えいたしますのでよろしくお願いいたします。
まず、給与収入880万円、給与所得控除後(給与所得)672万円、
社会保険料控除等の所得控除額が1,346,320円ですね。
この所得控除には、配偶者控除(38万円)は当然含まれていませんね。
また、基礎控除(38万円)、扶養控除等も含まれていないでしょうか。
基礎控除、配偶者控除が含まれていない前提で、基礎控除だけで計算すると、次のようになります。
6,720,000-(1,346,320+380,000)=4,993,680円(合計所得)
これに所得税の速算表を当てはめます。
4,993,680円×税率20%-427,500円=571,236円(所得税。ただし、これに復興所得税11,995円が付加され、最終的に100円未満切り捨てとします)
妻の所得税
給与所得控除後(給与所得)は、1,214,314円です(記載と少しずれています)
1,214,314円-基礎控除38万円-社会保険料控除288,000=546,314円(合計所得)
ここでは、社会保険料控除額が不明なので、社会保険料を月額24000円と仮定して計算します(協会けんぽの静岡の算定表を使いました。)
合計所得546,314円×5%=27,315円(これに復興所得税573円。)
すると、奥様の手取りは、1991878円-社会保険料288,000円-所得税27,315円=1,676,563円
これに対し、奥様が収入103万円以下で、所得38万円以下となり、夫の所得税計算で、配偶者控除を使えるとした場合は、夫の所得税次のようになります。
6,720,000-(1,346,320+380,000+380,000)=4,613,680円(合計所得)
4,613,680円×税率20%-427,500円=495,236円(所得税。ただし、これに復興所得税10,399円が付加され、最終的に100円未満切り捨てとします)
以上の様に、夫で、ざっと所得税で76,000円の差があります。
また、奥様が収入103万となった場合の奥様の所得税は、
給与収入103万円-給与所得控除65万円=給与所得38万円
仕事を減らせば、勤務時間等が減り、厚生年金加入でなくなる可能性が大ですから、
国民年金になるとして計算すると、月額15,250円ですので、年金保険料は年間183,000円となります(健康保険は、夫の国民健康保険の被扶養者となる)。
これを社会保険料控除として控除します。
そこで、380,000-183,000=197,000円(合計所得)
197,000円×税率5%=所得税9,850円(100円未満切り捨てで9800円。)
以上から奥様は、103万円の収入に対し、国民年金と所得税で192,850円を払うので、手取りは、837,150円です。
なお、奥様の国保料を、夫の社会保険料控除に加算することができます。
そのときの、夫の所得税は、
合計所得4,430,680円×5%-427,500円≒458,600円(これに9,631円の復興所得税。100円未満切り捨て)
以上から夫は約11万2,000円所得税が低くなります。
他方妻は、社会保険料控除無しで所得税計算するので、
380,000円×5%=19,000円(これに復興所得税399円。)
妻の手取りは、103万-所得税19,000円-国民年金183,000=828,000円
以上からすると、家計全体から見ると、現状の方が手取り収入は高いと考えられます。
これがいいのかどうかは、必要な収入と労働時間などを考慮したご家庭の考えた次第だと思います。
ご検討ください。
協会けんぽ 静岡https://www.kyoukaikenpo.or.jp/~/media/Files/shared/hokenryouritu/h26/noukokuyou9gatukaitei/22shizuoka.pdf
国税庁 所得税率 https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm
給与所得控除額 https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm
社会保険料控除 https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1130.htm
fplawyerをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問