JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
fplawyerに今すぐ質問する
fplawyer
fplawyer, 弁護士・1級FP技能士・CFP
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 372
経験:  弁護士 1級ファイナンシャル・プランニング技能士・CFP
71156846
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
fplawyerがオンラインで質問受付中

贈与税の知識がなく、1000万円を兄弟の口座に振り込んだ場合で贈与税が高額ということに気づき700万円を元の口座に返

質問者の質問

贈与税の知識がなく、1000万円を兄弟の口座に振り込んだ場合で贈与税が高額ということに気づき700万円を元の口座に返済すれば残りの300万円が贈与されたことになるのでしょうか。また返金した700万円に贈与税は発生しますか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  fplawyer 返答済み 2 年 前.
弁護士・1級ファイナンシャルプランニング技能士・CFPです。
お答えいたしますのでよろしくお願いいたします。
1 贈与は契約ですので、当事者があげる、もらう、という意思表示をしていないと、贈与契約は成立しません。
従って、ただ、振り込んだだけならば、贈与契約が成立していないので、贈与になりません。
そこで、700万円を返還したなら、単に振り込んだが、理由がないので返還した、というだけになります。
300万円についてはあらため贈与し、贈与契約書を作って、返還しなければ良いでしょう。
これが基本的な考え方です。
2 ただ、仮に、民法上贈与契約が成立していなくても、経済的な利益が移転しており、経済的には贈与と同じ状態になっている場合に、税務署が、贈与があったとみなす、という制度があります(みなし贈与といいます。本件ですと相続税法9条です)。
そこで、お金を振り込んで、受け取った側が、それを払い戻して自分のものとして使ってしまっているような場合には、贈与契約自体はないのですが、経済的利益の移転があり、もらった側が自分のものとして処分しているので贈与と見なされてしまいます。
そこで、例えば、1,000万円振り込んで、そのまま放置し、受け取った側がそれを払い戻して使っているような場合は、たとえ贈与契約がなくても贈与したものと扱われます。
3 本件
以上のとおりですので、振り込んだだけなら、そもそも贈与が成立せず、あとはみなし贈与となるかが問題となりますが、本件のように、手をつけず、すぐに返還したような場合には、みなし贈与とされることはないと考えます。
そこで、700万円を戻すなら、のこりの300万円だけがみなし贈与の問題となりますし、返した700万円にについても贈与とはなりませんし、返しただけなので、みなし贈与にもなりません。
以上ご検討ください。
fplawyerをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

最初に兄弟間で、「あげる、もらう」の口約束的な同意があって、1000万円を振り込んだ場合はどうなるのでしょうか?それでもすぐ700万円返金すれば、300万円はみなし贈与または贈与だけで済みますか。

ちょっと時間がたっていますがよろしくお願いいたします。

専門家:  fplawyer 返答済み 2 年 前.
お答えいたします。
贈与契約は、理屈上、口頭でも成立し、ただ、書面にしていない場合、履行が終わるまで取り消せるとされています。
ご指摘の様な事実関係の場合、贈与契約は成立しい、振込もしているので、もはや取消しもできないといえます。
しかし、贈与契約の当事者揃って贈与を否定すれば、主子はない以上、税務署としては贈与があったから贈与税を徴収するなどと主張することは現実には間が選らないと考えます。
当事者(相手方)が贈与はなかったことに同意しているなら、700万円は戻しても問題ないでしょう。
ご検討ください。

税金 についての関連する質問