JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t8toshioに今すぐ質問する
t8toshio
t8toshio, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 168
経験:  税理士
62805737
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
t8toshioがオンラインで質問受付中

控除対象配偶者と税務署に認定してもらうには、具体的にどんな手続きが必要か教えて頂きたい。 私の収入は年金のみ。

解決済みの質問:

控除対象配偶者と税務署に認定してもらうには、具体的にどんな手続きが必要か教えて頂きたい。
私の収入は年金のみ。
妻は働いている。
来春妻は、確定申告を致します。
私が、妻の被扶養者になると、妻の所得税、今より少なくなるとアドバイスを受けた。
その具体的方法までは、まだ理解してない。
よろしくご指導お願いします。
以上
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  t8toshio 返答済み 2 年 前.
t8toshio :

お世話になります。早速質問に回答させていただきます。

t8toshio :

納税者に所得税法上の控除対象配偶者がいる場合には、一定の金額の所得控除が受けられます。これを配偶者控除といいます。

t8toshio :

控除対象配偶者とは、その年の12月31日の現況で、次の四つの要件のすべてに当てはまる人です。

(1) 民法の規定による配偶者であること(内縁関係の人は該当しません。)。

(2) 納税者と生計を一にしていること。

(3) 年間の合計所得金額が38万円以下であること。
 (給与のみの場合は給与収入が103万円以下)

(4) 青色申告者の事業専従者としてその年を通じて一度も給与の支払を受けていないこと又は白色申告者の事業専従者でないこと。

t8toshio :

あなた様の場合には、年金収入のみということで、上記(3)の年間の合計所得金額が38万円以下であれば、奥様は配偶者控除を受けることができます。

t8toshio :

手続きとしては、奥様の確定申告をする際に記入するだけです。確定申告第二表 配偶者氏名、生年月日、配偶者控除にチェックマークを入れます。確定申告第一表のところに配偶者控除のところに38万円と記入(その年の12月31日のあなた様の年齢が70歳以上であれば48万円となります)

t8toshio :

年金収入のみで所得金額が38万円以下になるかどうかという判定は以下の国税庁URLを参照にされて、計算されてください。

t8toshio :

https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1600.htm

t8toshio :

以上 ご参考になれば幸いです。よろしくお願いいたします。

Customer:

ありがとうございました。URLを開いてよく事情がわかりました。

Customer:

分かりやすいご説明ありがとうございました。

Customer:

わかりやすいご説明ありがとうございました。

t8toshio :

こちらこそありがとうございます。また何かあればよろしくお願いいたします。

t8toshioをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問