JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t8toshioに今すぐ質問する
t8toshio
t8toshio, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 168
経験:  税理士
62805737
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
t8toshioがオンラインで質問受付中

質問します。私の父が生前田舎のちいさな土地を生前贈与の形で私の名義にしてくれています。 もう18年くらい前ですが・

解決済みの質問:

質問します。私の父が生前田舎のちいさな土地を生前贈与の形で私の名義にしてくれています。
もう18年くらい前ですが・・。
私には兄がおりまして、今はその土地に兄夫婦が家を建てて暮らしています。相談というのは、
兄にその土地を売った場合、税金はいくらかかるのか?を知りたいです。
固定資産の評価は255万でした。私は別のところで暮らしていますのでただの売買になると思います。兄に贈与する場合の税金は調べられましたが、売買はわかりませんでした。。土地の金額を270万で売った場合でしたらどうなりますでしょうか??よろしくお願いします。。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  t8toshio 返答済み 3 年 前.
t8toshio :

お世話になります。早速質問に回答させていただきます。

t8toshio :

土地を売った場合には、譲渡所得に該当します。この譲渡所得に対して、所得税15%、住民税5%、復興特別所得税(所得税の2.1%)、合計で20.315%の税金がかかります。

t8toshio :

譲渡所得の計算は、譲渡価格-(取得費+譲渡費用)-特別控除

t8toshio :

となっております。譲渡価格は、売却価格で本件の場合には270万円が該当します。

t8toshio :

取得費については、お父様からの贈与により取得されたということで、これはお父様が本件土地についての購入代金や購入手数料の合計となります。わからない場合には譲渡価格の5%とすることができます。

t8toshio :

譲渡費用とは、土地や建物を売るために支出した費用をいい、仲介手数料、測量費、売買契約書の印紙代、売却するときに借家人などに支払った立退料、建物を取り壊して土地を売るときの取壊し費用などです。

t8toshio :

特別控除については、本件については該当しないと考えます。

t8toshio :

次に本件土地について親族であるお兄さんに売却ということですが、親族間での売買は時価と比べて著しく低い価額で土地を売却した場合には、その財産の時価と支払った対価との差額に相当する金額は、財産を譲渡した人から贈与により取得したものとみなされます。本件の場合には、固定資産評価額255万円に対し売却価格270万円ということですから、みなし贈与に該当するリスクは低いと考えます。

t8toshio :

以上 ご参考になれば幸いです。よろしくお願いいたします。

Customer:

なるほど、そうなんですね。。不動産取得税は兄にはかからないのでしょうか??

Customer:

もう一つ、上記のようでしたら、贈与のほうが税金がかからないということですよね?贈与は確か基礎控除の110万も使えますよね。

t8toshio :

ご回答ありがとうございます。お兄さんに対しての税金について回答しておらず失礼しました。お兄さんに対しても、不動産取得税がかかります。ただし居住用ということで軽減税率になりますが、 「不動産取得税課税標準の特例適用申告書」というものを取得の日から60日以内に都道府県税事務所に対して提出しなければなりません。

t8toshio :

お父様からが本件物件を購入した金額がわからない場合もしくは、かなり低い場合には、贈与税の税率10%ということとなり、あなた様のおっしゃるように贈与のほうが税金が少なくなります。

t8toshio :

以上 よろしくお願いいたします。

t8toshioをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問