JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t8toshioに今すぐ質問する
t8toshio
t8toshio, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 168
経験:  税理士
62805737
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
t8toshioがオンラインで質問受付中

RSU(Ristrct Stock Option)に対する課税についての相談です。 勤務先より毎年RSUが配布され

質問者の質問

RSU(Ristrct Stock Option)に対する課税についての相談です。
勤務先より毎年RSUが配布されておりますが、取得時に税務署への申告をするというルールを知らず、申告が出来ていません。なお、当該RSUは配布から2年後に現金化が可能なものであるため、一切の現金化は行なっていません。
取得額は、毎年100万円ずつ、3年で300万円程度となります。
また、株価ほ、配布時から20%ほど下落しています。
今回転職を決意し、配布されたRSUを放棄せざるを得ない状況にあります。
(1)この場合のRSUに対する課税はどのような扱いになるのでしょうか?
(2)仮に現金化ができたとして、配布時からの株価下落分については、ような扱いになるのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  t8toshio 返答済み 3 年 前.

お世話になります。早速質問に回答させていただきます。

 

RSU(Restricted Stock Unit)については、譲渡制限付き自社株取得権として取り扱われ、譲渡制限期間が過ぎた時点で給与所得となり、売却時には譲渡所得となります。つまり二度の確定申告が必要となります。

 

まず、あなた様の場合には、2年間の譲渡制限期間が過ぎた時点で

(売却できるようになった時の株の時価-RSU取得の経費)

を給与所得として、本来の給与の他に加えて確定申告する必要があります。

 

次に売却した時点で

(売却価格-上記の株の時価)

を譲渡所得として、確定申告する必要があります。

 

ただしあなた様の会社が一定の要件を満たす税制適格ストックオプションとなる場合には、(売却価格-行使時の時価)を譲渡所得として一回の確定申告のみで済みです。これはお勤めの会社に問い合わせをすれば回答していただけると思います。

 

以下は、本件が税制適格ストックオプションでない場合として回答させていただきます。

(質問1)1.この場合のRSUに対する課税はどのような扱いになるのでしょうか?

上記に記載のとおり、譲渡制限期間が過ぎた時点で給与所得として確定申告する義務があります。このため、申告されていないものについては、修正申告又は期限後申告として申告する必要があります。

 

具体的には、売却できる日において

株式の市場価格×TTMを乗じて収入金額を計算し、その金額からRSU取得の費用があればそれを引いた金額を給与所得とします。

確定申告では、源泉徴収票により、本来の給与にあわせて上記収入を給与所得として合算することになります。

 

(質問2)2.仮に現金化ができたとして、配布時からの株価下落分については、ような扱いになるのでしょうか?

譲渡所得となり、下記の計算になります。

売却価格-(1)で計算した時価-他に経費があればその経費=譲渡所得

ただあなた様の場合には損失になるとのことで、他の所得と合算できるかということになりますが、株式譲渡所得については、申告分離課税となり、他の所得と合算はできません。ただし本件株式が上場企業のものであり、日本国内の証券会社を通して売却ときには3年間の繰越損失を受けることができます。

 

以上 ご参考になれば幸いです。宜しくお願いいたします。

税金 についての関連する質問