JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t8toshioに今すぐ質問する
t8toshio
t8toshio, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 168
経験:  税理士
62805737
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
t8toshioがオンラインで質問受付中

親の所得から、生前贈与として月々10万円を受け取とった場合、受け取った側に派生する贈与税以外の税金はありますか。また

質問者の質問

親の所得から、生前贈与として月々10万円を受け取とった場合、受け取った側に派生する贈与税以外の税金はありますか。また、生前贈与として月々10万円を贈与した親の所得税の控除になりますか。あるいは、所得税は減りますか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  t8toshio 返答済み 3 年 前.
お世話になります。早速質問に回答させていただきます。

(1)親の所得から、生前贈与として月々10万円を受け取とった場合、受け取った側に派生する贈与税以外の税金はありますか
→原則としてありません。親が亡くなって相続となったときに下記の相続税が高くなります。
親が亡くなって、子が相続人となったときに、相続開始前3年以内(死亡の日からさかのぼって3年前の日から死亡の日までの間)に贈与を受けた財産があるときには、その人の相続税の課税価格に贈与を受けた財産の贈与の時の価額を加算します。
 また、その加算された贈与財産の価額に対応する贈与税の額は、加算された人の相続税の計算上控除されることになります。基礎控除額110万円以下の贈与財産や死亡した年に贈与されている財産の価額も加算することになります。

(2)また、生前贈与として月々10万円を贈与した親の所得税の控除になりますか。あるいは、所得税は減りますか。
→残念ながら、所得税の控除とすることはできず、また所得税も減りません。

以上 ご参考になれば幸いです。宜しくお願いいたします。
t8toshioをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

 丁寧にお答え願い有難うございました。手前は勉強不足で基本的なことが分かりません。宜しくお願いします。

 説明文に「その人の相続税の課税価格に贈与を受けた財産の贈与の時の価額を加算します。」とありますが、価額とは何でしょうか。土地(宅地、畑、田)、建物(居住、倉庫)などの固定資産税評価額により算出された金額でしょうか。また、算出の方法は、どんな方法ですか。

 

 

 

専門家:  t8toshio 返答済み 3 年 前.
こちらこそご丁寧にありがとうございます。また評価をいただきありがとうございます。
再質問回答させていただきます。

価額とは相続税法上の価格のことをいい、税務上の時価となります。
税法により具体的に金額算出方法が定められております。
詳しくは下記国税庁HPを参考にされてください。
土地建物の評価
https://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4602.htm
その他の評価
https://www.nta.go.jp/taxanswer/hyoka/zaisan3.htm

以上 ご参考になれば幸いです。宜しくお願いいたします。
質問者: 返答済み 3 年 前.

有難うございました。参考になりました。まだ固定資産税の算出のしかたがよくわかりませんが、ぼちぼち勉強します。

専門家:  t8toshio 返答済み 3 年 前.
返信ありがとうございます。
贈与するのが現金であれば、評価については、そのままの金額(たとえば120万円贈与であれば120万円)であり、固定資産税うんぬんは気にされないで大丈夫です。

また、何かあればお気軽に相談されてください。宜しくお願いいたします。

税金 についての関連する質問