JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t8toshioに今すぐ質問する
t8toshio
t8toshio, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 168
経験:  税理士
62805737
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
t8toshioがオンラインで質問受付中

ダンススタジオを7年やっています。 税務調査が入ることになりましたが、ちゃんと帳簿をつけずに申告していました。

解決済みの質問:

ダンススタジオを7年やっています。
税務調査が入ることになりましたが、ちゃんと帳簿をつけずに申告していました。
いまさらどうすればいいでしょうか
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  t8toshio 返答済み 3 年 前.
お世話になります。早速質問に回答させていただきます。

売上計上漏れについては、はじめから正直にお伝えしてそのように修正する旨を伝え、かつ経費について漏れがないか領収書などを探して精査し、漏れがあれば、その売上漏れを経費と合わせて修正する、今後はきちんと帳簿をつけていくことを伝えたほうがいいと考えます。それでも不安であれば、一方的に不利にならないように税理士に税務調査立ち合いを依頼されてはいかがでしょうか?

(理由)
本来正しい帳簿に基づき、税金の計算をして納税するのが国民の義務であります。正しい処理をしていれは、税務調査であっても特に問題とはなりません。
ただし、帳簿に仮想または隠ぺいに該当する場合には、重加算税というペナルティーが高い税金が課せられます。売上不記載については、この重加算税の対象となる可能性が高いです。場合によっては、脱税として刑事罰を受けることもあります。一方、経費の漏れについても、漏れているのであれば、その事業年度の経費となりますので、経費として認めることもできます。あなた様が法人か個人か不明ですが、青色申告であれば、きちんと帳簿をつけることが義務となりますので、ご自身でできないのであれば、税理士などに相談されて今後帳簿付けをきちんとされていくことをおすすめします。

以上 ご参考になれば幸いです。よろしくお願いいたします。
t8toshioをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問