JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t8toshioに今すぐ質問する
t8toshio
t8toshio, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 147
経験:  税理士
62805737
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
t8toshioがオンラインで質問受付中

市民税徴収による不当な仕打ちで慰謝料請求が可能か判断お願いします。

質問者の質問

ご相談があります。下記内容で慰謝料請求が可能か判断お願いします。 市民税徴収による不当な仕打ちをうけましたので慰謝料を請求したいと考えています。 実は事業の失敗による借金の返済で市民税が支払えず、先日ようやく全額支払った にもかかわらず財産の差し押さえで二重徴収される被害を受けました。 最後通告の郵便も届いておらず、また、当方が支払う意思があったことは証明されています。差し押さえがあった当日は給料日で他の支払いが まったくできない状況となり取引先や銀行の信用を失墜しました。争点は以下です。 1)既に支払い済みにもかかわらず財産を搾取したこと。 2)最後通告なしに突然個人財産の差し押さえを実行し被害を与えたこと。 3)不当な差し押さえによって銀行処理が行えず、取引先および銀行等への信頼を失墜させ、信用情報に傷をつけたことで名誉を毀損したこと。


対象の税は「24年4期」「25年1期」「25年3期」です。最近の支払い分まで一律で差し押さえられており、支払いや差し押さえの意思の確認を一切行わない役所体質は憤りを覚えます。


「25年2期」は昨年中に支払い済み

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 税金

税金 についての関連する質問