JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
fplawyerに今すぐ質問する
fplawyer
fplawyer, 弁護士・1級FP技能士・CFP
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 372
経験:  弁護士 1級ファイナンシャル・プランニング技能士・CFP
71156846
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
fplawyerがオンラインで質問受付中

株の確定申告による国民保険料の質問です。 2013年の株での利益が税引き前で742万で、先物・fxの利益が234万

解決済みの質問:

株の確定申告による国民保険料の質問です。
2013年の株での利益が税引き前で742万で、先物・fxの利益が234万です。
繰越損失が株が99万6千あり、先物・fxが139万あります。
株は「特定口座源泉徴収あり」です。国民保険料の事を考えると、株の方は確定申告しない方がいいのでしょうか?
家族は私と妻二人です。他の収入はないです。
よろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  fplawyer 返答済み 3 年 前.
弁護士・1級ファイナンシャルプランニング技能士・CFPです。
お答えいたしますのでよろしくお願いいたします。

まず、前提の確認からいたします。

特定口座の株式譲渡益は、申告しないで源泉徴収だけで終わらせる場合、国民健康保険上、所得として算定されません。

国民健康保険の保険料は地方自治体によって異なるのですが、所得に応じて金額が決まる部分が多い(所得割)ので、国民健康保険量算定の基礎となる所得額が増加すれば、それだけ、保険料負担が増えますので、源泉分離で課税を終わらせれば、保険料増額を回避することができます。

他方、申告すれば、これらの計算の基礎となります。

(FXと先物は雑所得ですが、源泉分離課税で、株式と同じ扱いかもしれませんが、今、自宅のため、国民健康保険法を詳細に調べることができないので、もし回答を望まれる場合は明日以降になります。申し訳ございません)

次に、仮に株式譲渡益について、確定申告した場合、株式譲渡益は742万円から繰越損失99万円を差し引いて、643万円となります。株式譲渡所得は分離課税ですので、これに、株式譲渡所得税7%と市民税3%がかかります(平成25までの税率)。

ですから、株式譲渡益だけみれば、源泉徴収された分の一部が還付になります。

さて、健康保険との関係で、申告すべきか否かは、還付される税金の額と、申告した場合の保険料の増額分とを比較することになります。

国民健康保険料は、自治体で異なるのですが、所得割だけについて、いくつか例を見ますと、東京ですと、所得の4.5%、大阪市ですと、所得の7.9%、札幌ですと9.26%です。

東京だけで考えても、610万円(643万円から33万円控除して所得を計算します)に4.5%で、約27万円(年額)となりますから、所得ゼロと比較すれば、かなり増額になります。

ですから、源泉徴収だけで課税関係を修了させた方がとくと考えられます。

ご検討下さい。





fplawyerをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問