JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t8toshioに今すぐ質問する
t8toshio
t8toshio, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 147
経験:  税理士
62805737
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
t8toshioがオンラインで質問受付中

持ち家リフォームの事務所部分の減価償却費の計算

質問者の質問

夫婦二人で出版社などの仕事が中心のフリーデザイナーです。
個人事業主として青色申告、夫が大表者、妻が専従者給与を受け取る形にしています。
平成11年に築11年の一戸建てを購入、その半分を事務所として使っているので
家の半分を減価償却資産にしています。中古家屋部分の取得対価は当時約600万でした。

今年800万をかけて家の外装、屋根の塗り替え、耐震補強、壁紙と床の張替えを
行ないました。キッチンやお風呂などの水回りは入居の時にしてあるので、今回はしていません。
このリフォーム代半分をまた減価償却資産にする場合、耐用年数や定額、定率など
どのように計算すれば良いのでしょうか?
リフォームにローンは使っていません。現金支払いです。所得税青色申告決算書に記入するために必要な情報をお願い致します。家の構造は木造、スレート屋根、宅地面積は118m2。家面積104m2
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 税金

税金 についての関連する質問