JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
fplawyerに今すぐ質問する
fplawyer
fplawyer, 弁護士・1級FP技能士・CFP
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 372
経験:  弁護士 1級ファイナンシャル・プランニング技能士・CFP
71156846
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
fplawyerがオンラインで質問受付中

配偶者の遺産相続での非課税控除額はいくらですか

質問者の質問

配偶者の遺産相続での非課税控除額はいくらですか
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  fplawyer 返答済み 3 年 前.
弁護士・1級ファイナンシャルプランニング技能士・CFPです。

お答えいたします。よろしくお願いいたします。

配偶者の場合、二段階の控除があり得ます。

まず、基礎控除といって、これは配偶者を含む全相続人が享受できる控除です。
この基礎控除額は、5,000万円+1,000万円×法定相続人の数です。
例えば、相続人が配偶者、子供一人の場合は、7,000万円です。

課税される遺産から、上記基礎控除額を差し引くことができます。

次に、基礎控除があっても、遺産が多額で、課税される遺産がある場合でも、
配偶者は、取得した正味の遺産の額が1億6千万円以下であれば課税されません。

ただし、上記税額軽減を受けるためには、相続税申告期限(死亡日から10ヵ月以内)に、遺産分割手続を終了して、申告しなければなりません。

ですから、早期に自ら行うか税理士等へ申告手続の依頼をしてください。

参考に国税庁のページを紹介します。
https://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4158.htm
専門家:  fplawyer 返答済み 3 年 前.
恐れ入りますが、回答に対する評価等をお願いいたします。

税金 についての関連する質問