JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t8toshioに今すぐ質問する
t8toshio
t8toshio, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 168
経験:  税理士
62805737
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
t8toshioがオンラインで質問受付中

サラリーマンの夫と、専業主婦の間の贈与に関する配偶者控除に関する質問です。 夫の私は、現在所得税の配偶者控除(3

解決済みの質問:

サラリーマンの夫と、専業主婦の間の贈与に関する配偶者控除に関する質問です。  夫の私は、現在所得税の配偶者控除(38万円)の適用を受けています。  ここで、将来の相続税対策として、定期的に100-120万円程度を妻に贈与して いきたいと考えています(111万円の贈与をして1万円に対して妻が贈与税を払う のが証拠入手のために良いということも学びました)。  ところが、贈与を行うと(妻に収入(所得)が発生するために、)今まで夫(私)の年末 調整で使っていた配偶者控除が使えなるなるのかどうかは、ネットなどを探しても なかなか見つけられません。 たとえ使えなくなってもコツコツ贈与するほうが、得にも 思えますが、考え方として把握しておきたく、お教えいただけると助かります。  よろしくお願いします。

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  t8toshio 返答済み 3 年 前.

お世話になります。早速質問に回答させていただきます。

 

贈与は、所得の対象になりません。

このため配偶者控除などが使えなくなるなどのご心配は不要です。

 

相続税対策としては、婚姻期間20年以上であり、居住用不動産をお持ちであれば、2110万円までの贈与が無税になるという特例があります。詳しくは、下記国税庁HP参照されてください。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4452.htm

 

以上 ご参考になれば幸いです。宜しくお願いいたします。

 

 

質問者: 返答済み 3 年 前.
ご回答ありがとうございます。

”贈与は所得の対象ではない”ということは、課税されないと

いう意味ですよね。

 そして、その手段として贈与した夫の方は、

a) このための確定申告は不要ということでしょうか、

b)それとも確定申告自体は必要だが、”非課税なので”、結果的に

  追加の支払いが生じない

ということのどちらなのでしょうか。

 その後も調べてみると、”申告は必要だが非課税”とか、

”控除には申告が必要” とかの文言も見つけたので対象方法も

教えていただきたく、追加でご教授願います。
専門家:  t8toshio 返答済み 3 年 前.

ご回答ありがとうございます。

 

本件贈与につきまして、あなた様については確定申告が必要ありません。(aということになります)奥様については、贈与金額が110万円を超える場合には、贈与税の申告と納税が必要になります。

 

以上 宜しくお願いいたします。

t8toshioをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問