JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
fplawyerに今すぐ質問する
fplawyer
fplawyer, 弁護士・1級FP技能士・CFP
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 372
経験:  弁護士 1級ファイナンシャル・プランニング技能士・CFP
71156846
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
fplawyerがオンラインで質問受付中

株の利益と税金について質問特定口座、源泉徴収ありを選択2012年は損失を90万円だし、譲渡損失の繰越

質問者の質問

株の利益と税金について質問 特定口座、源泉徴収ありを選択 2012年は損失を90万円だし、譲渡損失の繰越控除を申告しました。 2012年7月に、体調不良により、会社を退職しました。 2013年株の利益が、1500万円を越えました。 現在は、無職状態です。 質問1 源泉徴収ありの場合でも、繰越控除で損した分を取り返したほうがいいのでしょうか。逆に、確定申告することにより、無職なので税金が高くなるのでしょうか。申告しても、しなくても国民健康保険料や住民税は変わらないんでしょうか。


ご回答、よろしくお願いします

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  fplawyer 返答済み 3 年 前.
弁護士・1級ファイナンシャルプランニング技能士・CFPです。

よろしくお願いいたします。

まず、前提の確認からします(数字が半端になるのでとりあえず復興所得税を除きます)。
(1)1500万円の利益、源泉徴収ということは、源泉徴収されている所得税は、150万円ですね。(今年まで所得税7%、住民税3%)

(2)確定申告すれば、前年の繰り越し損失90万円を利益から控除できますが、それでも利益は1310万円になります。

(3)基礎控除、社会保険料控除等を考慮しても、所得が1千万円を超えそうですね。
   その場合、税率は33%で、これを乗じた額から1, 536,000円の控除した額が税額となります。
   単純に330万円-1,536,000円=1,764,000円=所得税

以上だけを見ても、特定口座の源泉徴収だけで終わらせた方が良さそうです。

次に健康保険です。現在無職とのことで、国民健康保険で考えます(任意継続している場合もほぼ同じなので違いに言及しません)

国民健康保険料の計算は、各市町村によって異なるのですが、所得に応じて徴収する額については、ほぼ同じなので、それを前提にします。

特定口座の源泉徴収だけで、申告をしない場合には、株式譲渡益は、健康保険料計算に考慮されません。
他方、確定申告した場合は、譲渡益は、計算に考慮されます。
従って、申告した場合、保険料は、所得に応じて高くなります。
ただ、保険料は、おおむね年額65万円が上限です(介護保険いれると77万円)。

以上からすると、保険料の関係では、申告しない方が良いと考えられます。

以上総合すると、所得税(住民税も)も健康保険の点からも、申告しない方が有利と考えられます。
fplawyerをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

回答ありがとうございました。


 


最後に、確定申告しない方向にしたいと思いますが、もし申告しない場合なにかその後追加で課(追徴課税)されるものがあるのでしょうか。

専門家:  fplawyer 返答済み 3 年 前.
特定口座制度は、一律20%(今年まで10%)の税率による源泉徴収で、納税を終わらせようというものですから、追徴されることはありません。

税金 についての関連する質問