JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t8toshioに今すぐ質問する
t8toshio
t8toshio, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 168
経験:  税理士
62805737
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
t8toshioがオンラインで質問受付中

平成25年度の扶養控除申告書で、配偶者の所得を多く見積もってしまい、扶養から削除申告をしてしまいました。実際に確認し

解決済みの質問:

平成25年度の扶養控除申告書で、配偶者の所得を多く見積もってしまい、扶養から削除申告をしてしまいました。実際に確認したところ扶養内の所得であったことがわかりました。どのような手続きが必要でしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  t8toshio 返答済み 3 年 前.

お世話になります。早速質問に回答させていただきます。方法は二つあります。

 

(1)会社へ速やかに連絡して年末調整に加味してもらう

お勤めの会社の給与計算を担当している方に連絡をして、扶養控除申告書を書き直して、年末調整時に調整してもらいます。まだ12月の給与支給前であれば間に合うはずです。

 

(2)確定申告で自分で申告

会社から源泉徴収票をもらい、それをもって確定申告で自分で申告します。

国税庁の確定申告作成コーナーで作成することができます。(下記URL参照)

http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kakutei.htm

 

(1)の場合には、12月に完結して終わりですが、(2)の場合には、申告から数ヶ月後に税務署から返金されることになります。

 

以上 ご参考になれば幸いです。宜しくお願いいたします。

質問者: 返答済み 3 年 前.

書き方が悪かったですが、「平成25年度」と書いたのは、


昨年(平成24年)の年末に提出した「平成25年扶養控除等申告書」のことで、既に今年の1月から配偶者分の扶養控除なしで給与の払いをで受けていました。確定申告で申告すれば問題ないでしょうか。


 


扶養を外れると社会保険を負担する必要があると聞いたことがありますが、配偶者にはそのような連絡はありませんでした。社会保険等に関する手続きは特に必要ないという理解でよろしいでしょうか。

専門家:  t8toshio 返答済み 3 年 前.

ご回答ありがとうございます。

 

今年の1月からの給与計算において、配偶者の扶養なしで計算されていたということで理解しました。

 

前述した回答と同じですが、まだ間に合えば、12月の会社の年末調整で直してもらう方法と確定申告で還付する方法があります。確定申告で申告しても問題ありません。

 

社会保険上の扶養になるかどうかは、加入している社会保険により異なりますが、一般的には年収130万円未満となっております。所得税上の扶養となるのであれば、社会保険上も扶養となります。すでに奥様があなた様の社会保険の扶養として加入されているのであれば、特に手続きは必要ありません。奥様があなた様の社会保険の扶養となっていないのであれば、お勤め先に連絡して扶養手続きをする必要があります。

 

以上 ご参考になれば幸いです。宜しくお願いいたします。

t8toshioをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問