JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t8toshioに今すぐ質問する
t8toshio
t8toshio, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 168
経験:  税理士
62805737
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
t8toshioがオンラインで質問受付中

確定申告をしてくださる税理士さんの件でご相談致します。 私は一人で自費治療のみの治療院を経営している個人事業主です

質問者の質問

確定申告をしてくださる税理士さんの件でご相談致します。
私は一人で自費治療のみの治療院を経営している個人事業主です。
今年からお願いしている税理士さんは「資金調達等の際力になります、一緒に金融機関等に同行します。訪問は確定申告の際のみ、何かあればご連絡下さい」ということで、顧問契約をして月々3万円弱の金額をお支払いして、記帳と確定申告をお願いして、12月末で1年なります。
ところが、今月運転資金を借りる件をご相談したところ、必要書類も揃わず同行もされず・ ・・・、資金調達は今回あきらめ貯蓄を使うことにしたのですが、このままこの税理士さんに確定申告を頼むのは不安です。
すでに12か月分の金額はお支払しているのですが、11月、12月分の記帳もやめていただき、他の方に頼みたいと思っております。こういう場合記帳代だけで返金して頂ければ良いのですが・・・。
税理士さんにお願いすることは出来るのでしょうか?それともこのまま確定申告書を書いてもらって(必要書類の件で関係は険悪になっております)終わりにするほうがいいのでしょうか?確定申告書がいい加減なものになってしまわないか不安ですし、この後の中途半端な状況で確定申告書を作ってくださいさる税理士さんがいるかも不安です。どうすることが最も適切なのかお教えいただければ幸甚です。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  t8toshio 返答済み 4 年 前.

お世話になります。早速質問に回答させていただきます。

 

(その税理士さんとの解約について)

その税理士さんと契約をしていれば、その契約書に解除するための条件などが記載されていると思います。まずは契約書を確認されてください。法律的には契約期間内であっても、自由に解約することができます。ただし違約金の条項が記載されていれば、違約金を支払う義務が発生します。12月分の返金については難しいと思いますが、その税理士さんとの交渉しだいとなります。

 

(他の税理士への依頼方法)

お住まいの区に税理士会があり、そこに電話すれば、お近くの税理士を紹介してもらえます。まずは東京税理士会へ電話されて、お近くの税理士支部の電話番号を教えてもらってください。03-3356-4461 

 

(他の税理士に依頼すべきかどうか)

本件については、その税理士さんが12月分まで記帳代行をされており、次の税理士に依頼することは可能ですが、前の税理士さんが途中まで記帳したものを吟味する必要があり、別途手間とフィーがかかる可能性が高いです。このため、今回は確定申告作成までその先生にお願いして、それ以後は他の税理士を探されてはいかがでしょうか?

 

以上 ご参考になれば幸いです。宜しくお願いいたします。

 

質問者: 返答済み 4 年 前.

更に質問を続けさせて下さい。

 

私は今までお金の事を税理士さんに丸投げで税金のこともキャッシュフローも把握しておらず、日銭を稼げる仕事なので食べるに困らず、貯金や共済にお金が溜まれば良しとしておりました、ですから質問も基本的なことで本来知っていて当たり前のことなのかもしれませんが、ご教授ください。

 

 

 

トラブルが起こっている税理士はプライドが高く、気分を害すると投げ出す性格らしく、書類がそろってないことを指摘された際、税理士さんが感情的になられ「自分は悪くないちゃんと聞いてこう言われた」との言い訳に、私も感情的になり、この件で感情的な軋轢が出来てしまいました。

 

階段式に健康保険料や事業税、所得税が上がってきますが、今回微妙なところなのですが、悪意を持って経費を認めず税金を高くされることを不安に思っております。

 

また、パートを2人使っているのですがこの年末調整のは1年間の仕事のうちなのでしょうか?

 

お話ではやってくれることになっていましたが、今回金融機関に同行することは税理士の仕事ではない、同行する義理はないと怒鳴られ、(この税理士に決めた理由は資金調達の際金融機関に同行するなど力になってくれることでした)

 

1月中に確定申告書を作ってもらうことは可能なことでしょうか?(3月にならないと税率についての事がわからないのですか?)

 

税金がかかり過ぎると感じた場合は、他の税理士にも見てもらいたいと思っております、どの程度の保険料が請求されるのか?消費税の金額や、事業税や、住民税の額を教えてもらうことは可能でしょうか?

 

また、金額が納得できないときは他の税理士さんに記帳内容を吟味してもらい作り直すことは(お金をお支払することはやぶさかではありません)可能でしょうか?

 

ご回答の程よろしくお願いいたします。

 

 

 

専門家:  t8toshio 返答済み 4 年 前.

ご回答ありがとうございます。再質問回答させていただきます。

 

(1)悪意を持って経費を認めず税金を高くする件

→本当にそのようなことがあれば、税理士として損害賠償責任を受けることになりますので、そのような行為をする可能性は低いと考えます。ただ必要書類をきちんと提出し、その履歴は残しておいたほうがいいです。

 

(2) また、パートを2人使っているのですがこの年末調整のは1年間の仕事のうちなのでしょうか?

→会計事務所との契約次第です。契約書に明記されていれば年末調整も税理士の業務範囲となりますが、明記されておらず、社内にて給与計算しているのであれば社内にて年末調整をするが一般的です。税理士が遂行する場合でも別料金となるのが一般的です。

 

(3)お話ではやってくれることになっていましたが、今回金融機関に同行することは税理士の仕事ではない、同行する義理はないと怒鳴られ、(この税理士に決めた理由は資金調達の際金融機関に同行するなど力になってくれることでした)

→契約書に明記がなければ、金融機関同行は税理士の義務ではありません。ただ口頭であれば、難しいと考えます。ただそこまでこじれているのであれば、同行してもらったところで、御社にプラスにならないと考えます。

 

(4)1月中に確定申告書を作ってもらうことは可能なことでしょうか?(3月にならないと税率についての事がわからないのですか?)

→資料が揃っていれば作成することは可能です。税率もその前に決まっております。ただその税理士さんの事情により後回しにされる可能性はあります。

 

(5)税金がかかり過ぎると感じた場合は、他の税理士にも見てもらいたいと思っております、どの程度の保険料が請求されるのか?消費税の金額や、事業税や、住民税の額を教えてもらうことは可能でしょうか?

→可能ですが、一般的には料金が発生します。料金については、それぞれの税理士事務所により異なります。

 

(6)また、金額が納得できないときは他の税理士さんに記帳内容を吟味してもらい作り直すことは(お金をお支払することはやぶさかではありません)可能でしょうか?

→上記同じく、可能ですが、一般的には料金が発生します。

 

以上 宜しくお願いいたします。

 

t8toshioをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

再び質問させてください。


 


確定申告の締め切りは確か3月15日だったと思いますが、12月までの売り上げと経費がわかり、当院は支払いは末締めの10日払いですので、そうであれば1月10日で2013年分の売り上げが確定して確定し申告書は作れるのでしょうか?また作ったら確定申告は1月中に出来るのでしょうか?


 


お教えください。

専門家:  t8toshio 返答済み 4 年 前.

ご回答ありがとうございます。

 

(確定申告書の作成)

確定申告書の作成は、資料がすべて揃えばいつでも作成できます。

1月10日で資料がすべてそろうのであれば、作業時間にもよりますが、理論上は1月10日で作成できるはずです。

 

(確定申告の提出時期)

還付申告になれば1月中に申告することも可能です。納税することになれば、申告書の受付は平成26年2月16日から3月15日までとなります。

 

前の税理士さんに1月中に作成するようにしてもらい、2月から新しい税理士さんに依頼されてはいかがでしょうか?

 

以上 ご参考になれば幸いです。宜しくお願いいたします。

 

質問者: 返答済み 4 年 前.

更に質問お願い致します。


還付申告とはなんですか?

専門家:  t8toshio 返答済み 4 年 前.

説明不足で失礼しました。

 

還付申告とは、確定申告をして、税務署からお金がもどってくることをいいます。例えば、デザイナーさんなどは報酬を得るときに10.21%税金が引かれて入金されておりますので、これが前払税金となり、確定申告をすると過払いの税金がもどってきます。

 

あなた様の場合には、自費治療ということで、税金を引かれて入金されることはないと思いますので、該当しないと考えます。

 

以上 宜しくお願いいたします。

質問者: 返答済み 4 年 前.

早速のご返答感謝です。


 


私は講演やマッサージに関する原稿を書籍やウエブに書かせて頂き、原稿料や講演料を頂いておりますので、該当するかと思います。


 


その場合どの程度時間が掛かるのでしょうか?


 


お教えください。

専門家:  t8toshio 返答済み 4 年 前.

ご回答ありがとうございます。

 

通常、1月末頃までに支払調書が先方から送られてきますが、確定申告の際に計算さえ間違えてなければ添付する義務はありません。このため自分でいままでもらった原稿料や税金を集計すればいつでも計算することができます。(その会社が支払調書を税務署へ提出する期限は1月末となっており、1月末までには作成されているはずです)

 

ただ一般的には先方からの支払調書をまって、その金額の間違いなどを確認した上で確定申告します。

 

以上 宜しくお願いいたします。

 

質問者: 返答済み 4 年 前.

さらに質問させて頂きます。


 


数日後に決算を持参して説明に来ると言われました、決算書って何ですか?

専門家:  t8toshio 返答済み 4 年 前.

ご回答ありがとうござます。

 

決算書とは、会社の財政状況や経営成績を表したものです。あなた様は、個人事業で青色申告届出を提出していれば、事業所得(治療院)としての決算書を作成する必要があります。

 

まだ12月が過ぎていないので、あと数日で決算書を作成するのは不可能だと思いますが、試算表(決算調整前の会社の表)をもって説明されるのだと考えます。

 

以上 宜しくお願いいたします。

質問者: 返答済み 4 年 前.

昨日、関係が悪化している税理士事務所の事務スタッフが来てくれました。


 


これは定期的に月一回当院に来て弥生会計のソフトに記帳する為です。


 


その際(この方との関係は良好です)私の意向を聞いてくるように言われたらしく、記帳は最後までして、その後毎月の顧問料から記帳代金を引いた金額を返金(私のほうに)して今回の関係を終わりにしたいということを伝えました。


 


さて質問させてください。


 


税理士以外が同行しても良いのでしょうか?

専門家:  t8toshio 返答済み 4 年 前.

ご回答ありがとうございます。追加質問回答させていただきます。

 

金融機関への同行については、特に税理士資格が必要ということはありません。

従って税理士以外が同行しても問題ありません。

 

円滑に終わりそうでよかったです。宜しくお願いいたします。

税金 についての関連する質問