JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t8toshioに今すぐ質問する
t8toshio
t8toshio, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 168
経験:  税理士
62805737
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
t8toshioがオンラインで質問受付中

現在、年金のみの所得で生活しており、所得額が400万円以内なので確定申告はしていません。 平成26年度より書道教室

解決済みの質問:

現在、年金のみの所得で生活しており、所得額が400万円以内なので確定申告はしていません。
平成26年度より書道教室を始める予定です。そこで質問ですが、国税庁ホームページに下記の記載があります。

2.公的年金等に係る確定申告について
公的年金等の収入金額の合計額が年 間400万円以下で、かつ、公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円以下である場合には、所得税の確定申告をする必要はありません。

即ちここから読み取れることは、塾で得た収入が年間20万円を超えた場合、確定申告の対象となると言うことを意味しているのでしょうか?
それとも塾経営等の個人営業については他に該当する条項があるのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  t8toshio 返答済み 4 年 前.

お世話になります。早速質問に回答させていただきます。

 

本件の場合には、その塾経営等で収入-経費が20万円を超えることになったときに確定申告が必要になります。

 

所得とは収入ではなく、収入-経費のことです。ただ確定申告が不要となった場合でも書道教室でかかった経費の領収書は保存されたほうがいいです。上記の経費の証明になるからです。

 

また書道教室を事業として事業開始の届出を提出することにより、事業所得とすることができます。この場合には、確定申告や帳簿をつけるなどの条件がありますが、青色申告開始届出を提出することにより、年間65万円の青色申告控除をうけることができます。つまり年間所得65万円までは無税となります。また赤字の場合には他の所得と合算することもできます。

 

塾経営の収支がどのくらいになるかにより、雑所得として20万円以下で確定申告不要を選ぶか、事業所得として確定申告をし青色申告控除を受けるのか、判断されるといいと思います。いずれにしても塾経営でかかる経費の領収書は保存したほうがいいです。

 

以上 ご参考になれば幸いです。宜しくお願いいたします。

t8toshioをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問