JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t8toshioに今すぐ質問する
t8toshio
t8toshio, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 168
経験:  税理士
62805737
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
t8toshioがオンラインで質問受付中

源泉についての質問です。 個人事業主です。初めての処理で戸惑っております。 内容は、広告代理店より仕事を受け

質問者の質問

源泉についての質問です。

個人事業主です。初めての処理で戸惑っております。
内容は、広告代理店より仕事を受け、 私が数名の芸人をとりまとめる、中間の立場に
あります。広告代理店より源泉を引かれて振込がありました。私は、それぞれの
芸人に支払いをしなければなりません。その際の源泉、支払い調書をどのように処理
したら良いのか悩んでいます。各芸人に振込をする際、源泉込みで振り込むべきか、
源泉抜きで振り込むべきでしょうか?源泉抜きの振込の場合、私は、どのように
対処したら良いでしょうか?よろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  t8toshio 返答済み 3 年 前.

お世話になります。早速質問に回答させていただきます。

 

あなた様の事務所にてその芸人さんたちを雇用契約により雇用している場合と、直接個人として依頼している場合により異なります。いずれにしても源泉徴収をしてその芸人さんに支払う必要があります。

 

(1)あなた様の事務所で雇用している場合

その芸人さんをアルバイト若しくは社員として雇用している場合には、給与所得となります。この税率については、下記国税庁URLを参照されてください。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo2012/01.htm

 

 

(2)あなた様の事務所から個人として依頼した場合

報酬として10.21%(100万円を超える部分については20.42%)の源泉徴収が必要となります。下記国税庁URLのP163からP164を参照されてください。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2012/pdf/07.pdf

この税率については原則消費税込みにて計算しますが、芸人さんからの請求書に消費税抜きの金額と消費税が明記されている場合には、消費税抜きの金額に10.21%をかけて計算しても問題ありません。

 

支払調書については、(1)の場合には、年末調整をして源泉徴収票を発行するか、年末調整なしで、源泉徴収票を発行し、その芸人さんの居住している市町村へ支払調書を郵送することになります。(2)の場合には、1月から12月までの確定した金額を集計し、税務署へ提出し、本人へも送付することになります。詳しくは下記国税庁URLを参照されてください。

http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hotei/annai/23100038.htm

 

おそらく(2)に該当することになると思いますが、ご参考になれば幸いです。宜しくお願いいたします。

t8toshioをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご返答ありがとうございました。

おっしゃる通り(2)に該当します。

とても参考になりました。

 

通常は曲芸師として依頼され、請求書をイベント会社に送付し

源泉を引かれた金額が振り込まれます。ですが、たまにクライアントと

直接仕事を受ける際、源泉込みでいただくこともあります。

 

依頼をした方が源泉するのではなく、依頼を受けた側で処理を

して下さいということです。

 

仮に5万円の出演料だと、源泉込みで55,555円になります。

復興税をいれると55,685円です。

 

今回、私が数名の芸人を取りまとめたケースで、源泉の処理はせずに

源泉込みの金額を振り込むこともできますか?

 

恐れ入りますが、今日中にお返事いただけましたら幸いです。

 

よろしくお願いいたします。

専門家:  t8toshio 返答済み 3 年 前.

ご回答ありがとうございます。また評価をいただきありがとうございます。

 

源泉徴収義務者と源泉徴収する項目は法律で決まっております。

源泉徴収していない場合には、まずその源泉徴収義務者が源泉徴収漏れとして税務署から納税と追加のペナルティーの税金の支払いを求められます。その後、その源泉徴収義務者が支払い者へ源泉分を取り戻すことになります。(現実的には税務調査時点で数年が経過しており、回収は難しいことが多々あります)

 

あなた様の場合には、あなた様は個人事業者であり、報酬を支払うため、源泉徴収義務者に該当します。また源泉徴収する項目も法律できまっており、本件芸人さんへの支払いについては源泉徴収が必要な項目となっとおります。従って源泉の処理をせずに支払いをすることは違法となってしまいます。

 

源泉だけ納税して、芸人さんへの支払いは源泉の処理をせずに支払いすることはできますが、源泉分を贈与ということになりあなた様が損します。

 

以上 ご参考になれば幸いです。宜しくお願いいたします。

 

 

 

質問者: 返答済み 3 年 前.

迅速な対応ありがとうございました。


ご丁寧に説明して頂き、大変参考になりました。


こちらで源泉の処理をしようと思います。

専門家:  t8toshio 返答済み 3 年 前.

ご回答いただきありがとうございます。

また何かあれば宜しくお願いいたします。

税金 についての関連する質問