JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t8toshioに今すぐ質問する
t8toshio
t8toshio, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 147
経験:  税理士
62805737
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
t8toshioがオンラインで質問受付中

会社員です。退職金に関する相談です。 弊社では退職金制度として、「確定拠出年金(以下、DC)」と「退職一時金(以下、一時金)」を併用しています。毎月、退職金算定基礎に5%を掛けて

質問者の質問

会社員です。退職金に関する相談です。
弊社では退職金制度として、「確定拠出年金(以下、DC)」と「退職一時金(以下、一時金)」を併用しています。毎月、退職金算定基礎に5%を掛けて会社が拠出し、①DC100%:一時金0% ②DC50%:一時金50% いずれかのパターンを従業員が選択し、積み立てています。
この度、退職給付債務の関係で、一時金を廃止し。DCに一本化する旨の通知が会社からありま した。一本化するにあたって、現在保有している一時金として積み立てている原資を①全てDCに移管する。②精算する(今の時点で受けとる)。という選択肢があります。
途中退職する可能性もあるので、自分としては、①は避けたいのですが、②を選択する場合は、一時所得(給与所得?)になるので、税金が多くかかると聞きました。
退職給付債務を0にするためには、①②の対応しかないと会社は言いますが、退職給付債務を0にしつつ、且つ、DCには移管せずに途中退職の際に退職金として受けとることができる方法はないものでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 税金

税金 についての関連する質問