JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t8toshioに今すぐ質問する
t8toshio
t8toshio, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 168
経験:  税理士
62805737
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
t8toshioがオンラインで質問受付中

昨年、息子が4k万円で住宅を購入しましたが、今から住宅取得への生前贈与の控除の 対象になりますでしょうか。

解決済みの質問:

昨年、息子が4k万円で住宅を購入しましたが、今から住宅取得への生前贈与の控除の
対象になりますでしょうか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  t8toshio 返答済み 4 年 前.
お世 話になります。早速質問に回答させていただきます。(結論)直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税について、残念ながらあなた様のご子息の場合にはこの制度を利用できないと考えます。(理由)直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税については、平成24年1月1日から平成26年12月31日までの間に、父母や祖父母などの直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた受贈者が、贈与を受けた年の翌年3月15日までにその住宅取得等資金を自己の居住の用に供する家屋の新築若しくは取得又はその増改築等の対価に充てて新築若しくは取得又は増改築等をし、その家屋を同日までに自己の居住の用に供したとき又は同日後遅滞なく自己の居住の用に供することが確実であると見込まれるときには、住宅取得等資金のうち一定金額について贈与税が非課税となります。本件の場合には、平成24年5月に取得しており、平成24年中に贈与していることが条件となり、要件を満たしておりません。またあなた様のご子息は、給与年収7800万円であり、所得金額2000万円以上となり受贈者の要件のひとつである合計所得金額2000万円以下であることの要件を満たしておりません。従って本件の場合には要件を満たしておらず本制度を利用することはできないと考えます。以上 ご参考になれば幸いです。宜しくお願いいたします。
t8toshioをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問