JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t8toshioに今すぐ質問する
t8toshio
t8toshio, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 168
経験:  税理士
62805737
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
t8toshioがオンラインで質問受付中

初めまして、農業をいとなんでいる60代の1人暮らしの女性です。外孫お金をあげたいのですが、金額によっては税金が私のほ

解決済みの質問:

初めまして、農業をいとなんでいる60代の1人暮らしの女性です。外孫お金をあげたいのですが、金額によっては税金が私のほうにも孫の親のほうにも来るのではと心配しています。 最近ニュースで孫に一千万円までなら税金はかからないと聞いた気がしますが?どうでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  t8toshio 返答済み 4 年 前.
お世話になります。早速質問に回答させていただきます。(1)贈与税について贈与税の計算は、まず、その年の1月1日から12月31日までの1年間に贈与によりもらった財産の価額を合計します。続いて、その合計額から基礎控除額110万円を差し引きます。次に、その残りの金額に税率を乗じて税額を計算します。このため110万円までは無税となります。税率については、下記国税庁URLをご参照されてください。https://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4408.htm贈与税については、受贈者が負担するものです。このため贈与をしたとしても、あなた様やお孫さんの親に税金がかかることはありません。(2)祖父母などから教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税 の非課税制度平成25年4月1日から平成27年12月31日までの間に、受贈者が、教育資金に充てるため、金融機関等との一定の契約に基づき、受贈者の直系尊属(祖父母など)から①信託受益権を付与された場合、②書面による贈与により取得した金銭を銀行等に預入をした場合又は③書面による贈与により取得した金銭等で証券会社等で有価証券を購入した場合には、これらの信託受益権又は金銭等の価額のうち1,500万円までの金額に相当する部分の価額については、金融機関等の営業所等を経由して教育資金非課税申告書を提出することにより贈与税が非課税となります。この制度を利用するには、金融機関や証券会社を通してとなりますので、それぞれの会社へ相談されてください。(3)方法毎年、110万円以下でお孫さんへ贈与する方法と、上記(2)の制度を利用して教育費へ充当する方法があります。以上 ご参考になれば幸いです。宜しくお願いいたします。
t8toshioをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問