JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t8toshioに今すぐ質問する
t8toshio
t8toshio, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 147
経験:  税理士
62805737
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
t8toshioがオンラインで質問受付中

やはり税金は、担税力のある人が義務を負うべきで、担税責任のある人が責任を負うべきでないと、想いますか?

質問者の質問

やはり税金は、担税力のある人が義務を負うべきで、担税責任のある人が責任を負うべきでないと、想いますか?


 


 


 


やっぱり気になるので、お願いします、


 


 


 


生産費税なんて払いたく無いですか??


税制改革:〔愛情主義経済〕へ tax of love.
よかったら、この文章の感想を下さい。
愛とお金、幸せと豊かさが比例しない社会に住んでいては、いけないと想う。そのような社会では、発展は不可能だと想う。幸せになることで、豊かになろう。
安定した経済変動と力強い経済発展は必要だと想いませんか?
そのためには、所得税と法人税と消費税で大丈夫なんでしょうか?
景気と財政、民間景気と政府財政が反比例の関係になることが必要なのでは無いでしょうか??
つまり、〔愛情主義経済〕と呼 ぶ理想経済の中で、お互いの所得を牽制することなく許容認可し合いながら、担税責任という、お互いの維持費用(経費)に応じて課税し合う『必要経費税』と『逆人頭税』(ベーシック・インカム)という社会保障が必要なのでは無いでしょうか??
その応用である、所得税と法人税を一緒にして法人所得税のゼロ税率化を行う『法人経費税』と消費税の仕入れ税額納税化を行う『生産費税』も予算確保として、必要では無いでしょうか?税率はどれも1%ぐらいで。
住民税を『経費割』にして、景気と財政を反比例の関係に持ち込み、安定した経済変動と力強い経済発展を手に入れましょう!!!
金融機関については、『投融資資金税』を設け、採算の合う活動をして貰いましょう。
環境税は『環境コスト税』に変えてコストの掛からない環境に替えることが大切だと想う。
LOVE SYSTEM http://www2.plala.or.jp/TAX/
天安門の国旗掲揚式を見たいという、目の見えない少女の話をTVでみました。涙しました。この世はまだ完ぺきではないのですね。悪と見られるものがが必要な不完全な社会なんですね。理想経済【愛の星】が手に入るような中国の駐在員事務所の課税方式【経費課税】に注目してください。必ず未来が見えるはずです。






愛の税金を創りましょう。
払え る人が払う「所得税」よりも、払うべき人が払う「経費課税」の方が、より正しい税金です。担税力を所得に求めて、所得に応じて課税する税金よりも、担税責任を経費に求めて、経費に応じて課税する税金の方が正しい税金です。資本家の利益を求めるよりも、愛情家(情熱のある貧乏人)の利益を考える方が正しいと想います。愛の税金を創りましょう。経費課税を創りましょう。愛の国、愛情主義経済を創りましょう。今の経済に「愛の税金」を加えるだけでも、十分に創れます。やりましょう、愛情主義経済を。
ありえないけど、あったらいいですね。 願いは、 枻川 清
私は、人の心の子『愛の税金』を身籠りました。産ませてください、この世の中に・・・☆ 『愛情主義経済』を創らせてください。♪
市町村民税の経費割、住民税の収入割を行う。(市議会では決められない)
図書館のCDを右開きに変える。(市議会で決められる)
 税を『法人経費税』で、社会保障を『必要経費税』で集める。(国会で決める)
愛の税金(理想の税金、景気の良くなる税金)を創らせてほしい。
それは、儲かった人ではなく、働く人が払う、経費に課税する経費課税だと想う。市民と市が利益を牽制することなく、お互いの維持費 用(経費と歳費)に応じて税と逆税を払い合う、正当な所得格差をもたらす経費の再分配がそうだ。これによって、所得が増えたから課税する、税収が入る、という「担税力」を求める考えではなく、仕事が増えたから課税する、税収が入る、という「担税責任」を求める考えに変えよう。
 2011/3/11日東日本大震災があった時『これで愛情主義経済が始まるのかなー』と想いました。なぜかって?それは2000/3/11日pm4:30に見えるラジオで、bay-fm?のトラフィックニースで「千葉の東北で地震がありました。」と聴いたときに、『愛情主義経済』っていう言葉を想い付いたからです。それは、「愛の税金のある理想経済」という意味みたいですね。私は理想的な人でありませんが、理想経済の中で理想の人になりたいです。
経費課税を突き詰めていくと、所得税と法人税を一緒にして『法人経費税』という法人所得税がゼロ税率になる税金が作れます。外国企業を呼び寄せることが出来ます。また消費税の仕入れ税額控除を、仕入れ税額納税に変えるだけで『生産費税』が作れます市や県や国が歳費の1%から10%ぐらいを国民に払う『逆人頭税』だって作れます。ベーシック・インカムだって可能でしょう。
また『投融資資金税』や『環境コスト税』を創って、お金の掛らない環境を創りたいのです。お願いです、『愛情主義経済』を創って、愛の国・愛の星にさせてください。そんな世界に暮らしたいのです。お願いします。
この文章について、意見感想ください。XXX@XXXXXX.XXX
国税・県税・市税という分け方でなく、市民が市に税を払えば、市が県に、県が国に、国が市民に、税を払う仕組みを作るべきだ。
景気の良くなる税制は、景気が良くなると税金の負担が減る税制だと想う

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 税金
質問者: 返答済み 3 年 前.

再投稿:回答を貰っていない。

9/18日 重大なことが分かった。

今の税制は、税金を払いたい人がいるという善意の在る人とが居るという前提で景気を良く出来る税金で、普通には、景気を安定化するために、所得税・法人税・消費税が成り立っている。

 

景気については微妙な表現をするほどに、景気は安定している状態なので、景気を良くする税金として、法人経費税・生産費税・必要経費税・逆人頭税・投融資資金税・環境コスト税などを求めたい。

 

賛成してくれますか?

税金 についての関連する質問