JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t8toshioに今すぐ質問する
t8toshio
t8toshio, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 168
経験:  税理士
62805737
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
t8toshioがオンラインで質問受付中

納税の猶予というものがあるそうですが、具体的にどんな手続きをすればいいか、お教えください。

質問者の質問

納税の猶予というものがあるそうですが、具体的にどんな手続きをすればいいか、お教えください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  t8toshio 返答済み 4 年 前.
お世話になります。早速質問に回答させていただきます。【1】しかし、一度でも 納入が遅れると事前通告なく、給与を差押えるといわれました。これは、正当な行為ですか?→国税徴収法第47条に差押えの要件が記載されており、税法として特に問題がない行為と考えます。ただし国税徴収法第76条に給与の差押について全額差押えられることはなく、手取りの20%は残さなければならないとされております。【2】また、完納まで、延滞料が、かかりこの額も大きなものになります。納税の猶予が認められれば、延滞料金は、かからないとききましたが。どういった方々が、対象になり、どのような手続きをとれば、よろしいのでしょうか?→納税の猶予について細かくは下記国税庁HPに記載されております。http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kobetsu/chos yu/760603/01.htmまず対象者については下記のいずれかの事実が発生した方になります。イ 納税者がその財産につき、震災、風水害、落雷、火災その他の災害を受け、又は盗難にかかったこと。ロ 納税者又はその者と生活を一にする親族が病気にかかり、又は負傷したこと。ハ 納税者がその事業を廃止し、又は休止したことニ 納税者がその事業につき著しい損失を受けたことホ 納税者に災害、盗難又は病気、負傷に類する事実があったことヘ 納税者に事業の休廃止又は事業上の著しい損失に類する事実があったこと手続きについては、納税の猶予申請書を税務署へ提出ことになります。下記、URLより書式を印刷できます。http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/nozei-shomei/pdf/24200001a-2.pdf以上 ご参考になれば幸いです。宜しくお願いいたします。

税金 についての関連する質問