JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AFP01に今すぐ質問する
AFP01
AFP01, AFP(2級ファイナンシャルプランナー)
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 60
経験:  駒澤大学卒業。2012年AFPに登録。
73400448
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
AFP01がオンラインで質問受付中

固定資産税の評価額が高すぎて支払が出来ません。 購入時から現在までの評価を見直す事は、出来ませんか。

質問者の質問

固定資産税の評価額が高すぎて支払が出来ません。
購入時から現在までの評価を見直す事は、出来ませんか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  AFP01 返答済み 4 年 前.

 2級ファイナ ンシャルプランナー技能士のAFP01です。固定資産税の評価額そのものは市町村が主体となって評価するので、御客様の判断でできるものではありません。その評価額は適正な時価を求めることができるように定められるのですが、土地基本法第16条により、国は適正な地価形成及び課税の適正化に資 するため、土地の正常な価格を公示するとともに、公的土地評価について相互の均衡と適正化が図られるよう努めることと規定されたためにできたものです。そのため、相続税路線価は公示価格の80%,土地の固定資産税評価額は公示価格の70%を基準に決定されることとなったものです。不動産について一物五価という言葉があるのはこのためです。

 

 ちなみに建物は22年で減価償却しますので、年々安くなりますが、土地の評価額は最終的に残ります。

 

 なお、アパートなどの場合は月々の家賃がかかるわけですが、大家さんはその収入である家賃の中から固定資産税分を役所に納付することになるので、借り主は事実上固定資産税を大家さんに支払っているようなものです。

まとめますと次のようになります。

 

 国の公示価格を元に市町村は固定資産税評価額を算出します。土地については不動産鑑定士がここにかかわり、標準宅地とされる土地・区画についての評価を元に70%を乗じた上で各種の補正が行われます。(角地にあればより多くの道路に面するので、利便性が高まるため、その分評価は高くなる、等)建物についてはその建物と同じものを一体いくらで調達できるかという評価の元に同様の評価が行われます。ですので、市民が直接税金を下げてくださいとお願いにいくことはできません。

 

 残念ですが、これが実態です。御客様には不本意かもしれませんが、市税は国税に次いで必ず払わなくてはなりません。期別の金額を期日まで納めることが難しければ、分割納税する道もありますので、市町村の徴収担当にご相談ください。

 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

わかりやすさを旨に書いております。内容を御一読の上おわかりいただけましたなら、必ずプラスの評価をしていただくのがルールですので、よろしくお願いいたします。

専門家:  AFP01 返答済み 4 年 前.
 御客様、その後いかがお過ごしでしょうか。評価の方をよろしくお願いいたします。

税金 についての関連する質問