JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
fplawyerに今すぐ質問する
fplawyer
fplawyer, 弁護士・1級FP技能士・CFP
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 372
経験:  弁護士 1級ファイナンシャル・プランニング技能士・CFP
71156846
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
fplawyerがオンラインで質問受付中

お世話になります。贈与税、相続税、不動産取得税についてです。 親の名義の土地を売り、新しく中古土地付き住宅を買いま

質問者の質問

お世話になります。贈与税、相続税、不動産取得税についてです。
親の名義の土地を売り、新しく中古土地付き住宅を買いました。その名義についてですが、贈与税がかからないようにするにはどうすればいいでしょうか?明日、契約します。

1.私の名義にする
2.私と親の名義にする
3.親だけの名義とし、後に相続する
770万で土地を 売却し、600万円で土地付き中古住宅を取得しました。


相続税、贈与税は5000万までかからないと記憶していますが、あってますでしょうか?
 また、770万で土地を売却し、600万円で土地付き中古住宅を取得しているのですが、新たな住宅を購入するために、旧宅を売った場合、不動産取得税はかからないはずですが、合ってますでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  fplawyer 返答済み 4 年 前.
1級ファイナンシャルプランニング技能士・CFP・弁護士です。

回答いたします。よろしくお願いいたします。

まず、前提となる知識からお答え致します。

相続税は、平成26 年12月31日までは、基礎控除が5000万円+法定相続人×1,000万円です。
ですから、600万円の不動産だけの相続であれば、相続税はかかりません。
なお、平成27年以降は、基礎控除は3000万円+法定相続人×600万円となります。

贈与税の基礎控除は、110万円です。

そこで、110万円以上の贈与の場合、贈与税はかかります。

これを踏まえて、質問に回答します。
(親名義の土地を売り、とありますが、その土地は親がお金を出して買ったものですね。所有権は、名義ではなく、実際にお金を出した人のものになりますので念のために確認します)

1.私の名義にする →贈与と認定されます。従って贈与税がかかります。
2.私と親の名義にする 
 →あなたの共有持ち分(割合)に応じた部分の贈与と認定されます。
  持ち分の評価額が110万円を超えれば贈与がかかります。

3.親だけの名義とし、後に相続する。 →相続税の問題となります。この財産を含む相続財産が、基礎控除額以下なら、相続税はかかりません。

専門家:  fplawyer 返答済み 4 年 前.
追加です。

65歳以上の親から20歳以上の子供への贈与の場合、相続時精算課税制度というものを利用すれば、2500万円まで贈与税はかかりません。

ただし、この制度は、一度利用すると、以後、贈与税の110万円の基礎控除が利用できないので、注意が必要です。

税金 についての関連する質問