JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
fplawyerに今すぐ質問する
fplawyer
fplawyer, 弁護士・1級FP技能士・CFP
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 372
経験:  弁護士 1級ファイナンシャル・プランニング技能士・CFP
71156846
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
fplawyerがオンラインで質問受付中

父が亡くなり、相続の準備をしています。その中で、26年ほど前に亡くなった祖母名義のマンションがありました。固定資産税

解決済みの質問:

父が亡くなり、相続の準備をしています。その中で、26年ほど前に亡くなった祖母名義のマンションがありました。固定資産税は祖母の名前で払い続けているようです。そのマンションは賃貸契約をしているため、毎月の家賃収入があり、そちらは父が確定申告していたようです。この場合、相続はどのようになるのでしょうか。25年以上、相続手続きをしていないので、追加徴税になるのかと思うのですが・・・・ちなみに、父には妹が一人おり、存命です。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  fplawyer 返答済み 4 年 前.
1級ファインシャルプランナー・CFP・弁護士です。
よろしくお願いいたします。

相続税には,基礎控除というのがあります。

現在は,5000万円+法定相続人数×1,000万円です。
昭和62年までは,基礎控除額2,000万円、法定相続人数×400万円
昭和63年~平成4年まで基礎控除4,000万円、法定相続人数×800万円でした。

例えば,法定相続人数3人であれば,現在は,5,000万+1,000万×3=8,000万円が控除となり,8,000万円以下の財産相続であれば,相続 税がかかりません。

当時のマンションの価格が,基礎控除額以下であればそもそも相続税はかかりません。

また,仮に相続税がかかるとしても,
税金は,原則5年,最大7年の消滅時効制度があり,

課税時期=相続発生時,から5年の経過で相続税納税義務は消滅します。

おそらく,時効を中断する措置などされていないのと思いますので,消滅時効により,相続税納税義務はないでしょう。

相続税を支払うつもりあるとのことですから,税務署に相談してはどうですか。
たぶん,上記のように説明されると思います。
fplawyerをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問