JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

AFP01に今すぐ質問する

AFP01
AFP01, AFP(2級ファイナンシャルプランナー)
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 60
経験:  駒澤大学卒業。2012年AFPに登録。
73400448
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
AFP01がオンラインで質問受付中

贈与税について質問です。 このたび結婚することになり、祖母からお祝い兼結婚資金の援助として800万円を銀行口座

質問者の質問

贈与税について質問です。

このたび 結婚することになり、祖母からお祝い兼結婚資金の援助として800万円を銀行口座振り込みでいただきました。

贈与税対策として、結婚にかかわるお金で非課税になるものをいただいたお金で負担しようと考えています。

挙式・披露宴の費用200万円、新居の家具・家電等100万円、新婚旅行費用100万円、
婚約指輪・結婚指輪80万円、引越し・賃貸の礼金敷金50万円
上記のうち、非課税の対象になるものとそうでないものを教えていただけないでしょうか?

また、残ったお金は可能であれば基礎控除額110万円を引いてお返ししたいのですが、
お金を返す際は、振り込んでいただいた銀行口座にお金を入金するといった方法で大丈夫でしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  AFP01 返答済み 4 年 前.

 この度はおめでとうございます。お二人の末永いお幸せをお祈りさせていただきます。

 

 さて、贈与税に関するご質問ですが、一般的な話をさせていただきますと、結婚資金に対しての贈与税で免税になる者はありません。あるのは暦年の非課税枠である110万円のみですので、800万円もらえばそのうち690万円に対して贈与税がかかる仕組みです。

 

 ご相談内容からすると、住宅購入資金が書かれていないようです。賃貸住宅では住宅購入に関する生前贈与の特例の対象とならないため、2500万円の非課税枠が使えません。また、住宅購入資金の相続時精算課税制度はあくまで親が子に対して贈与する場合に限られるため、おばあさまの養子でもない限りこの特例はやはり受けられないのです。ですので、ご相談者様におかれましては通常の暦年課税が行われることになります。

 

 贈与税の計算式は次の通りですので、国税庁の速算表と合わせて計算していただくとわかりますが、大変高額になります: (贈与額-110万円)×税率-控除額

 URL:https://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4408.htm

 

 贈与税がかからないようにしたいと仰っていますが、既に530万円を使っていらっしゃるのでそれは無理でしょう。強いていうなら、借用書でも作成して毎年返済している証拠を残されることをお薦めするか、そのままいただいて贈与税を申告納税するしかありません。他のFPや税理士でもそう答えると思います。手をこまねいていれば、やがて高額の贈与税を認定課税されるだけです。

 むしろ、贈与者の顔が立つようにした方がよいのではないかと私などは愚考します。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~

簡潔さをモットーに答えております。評価していただけたら幸いです。

質問者: 返答済み 4 年 前.
ご回答ありがとうございます。私ではないのですが、以前こちらで回答をしていた答えに、披露宴代などを親が持つことは社会通念上認められるので、贈与にはあたらないという回答を拝見しました。以下がそのアドレスです http://www.justanswer.jp/tax/73st7-.html今回の場合ですと、この事例には当てはまりませんか?また、金額は予定額でまだ支払ってはおりません。 もし、まだ間に合うのであればお金を返金したいと考えておりますが、それで大丈夫でしょうか?
専門家:  AFP01 返答済み 4 年 前.

失礼しました。明らかに当方の誤回答です。

 確かに社会通念上不相応でなければ贈与税の対象となりません。ただ、明細を見ていてやはり気になりました。収支関係が次のようになるのです。

 収入:おばあさまからの贈与金:800万円

 支出:結婚諸費用の合計:    530万円

    (内訳)

      ・ 挙式・披露宴の費用  200万円

      ・ 新居の家具・家電等  100万円、

      ・ 新婚旅行費用      100万円
      ・ 婚約指輪・結婚指輪   80万円

      ・ 引越し・賃貸の礼金敷金 50万円

 ---------------------------------------------------------

 すなわち、差額が270万円あります。

ここが問題です。このお金は110万円を超えていますから、預貯金等に回っているのであれば、立派に贈与税の対象です。以下は参考までにご覧ください。

http://qa1.zeijimu.com/archives/271

 なお、明細についてご指摘申し上げますが、挙式の費用自体は問題ありません。むしろ安いくらいです。しかし、新婚旅行費用が100万円というのは驚きです、海外が円安に向かっているといってもかなり張り込んでいると思われます。

 領収書等をよくつきあわせて収支を明らかにし、差額が出ればその差額が贈与税の課税対象となるという点を改めてお示ししておきます。以上に訂正いたします。

質問者: 返答済み 4 年 前.

早速のご回答ありがとうございます。

 

挙式の費用は贈与税の対象とならないのですね。

まずは安心いたしました。

 

また、もう少し詳しく伺いたいのが、この『社会通念上』という言葉です。

(自分で質問しておいてなんですが、)婚約指輪・結婚指輪、引越し・賃貸の礼金資金を

負担してもらうことは、あまりないことのような気がするのですが、『社会通念上相当』と認められ、贈与税対象外にできるのでしょうか?

また、この『社会通念上相当』かそうでないかを決める明確な基準はあるのでしょうか?

 

あと、新婚旅行はアメリカへ行く一週間のパックツアーで、一人約50万円で計100万円です。

大手結婚情報誌では、新婚旅行の平均金額は二人で65万円ほどでした。

この場合、社会通念上不相応なのでしょうか?

 

何度も質問して申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

専門家:  AFP01 返答済み 4 年 前.

改めての返信ありがとうございます。「社会通念上」という言葉ですね。

 いうまでもなく、社会通念上とは、「ごく一般的で平均的な」中流階級が大半を為すこの国で通用する用語になります。従って、「ごくありふれた」ものであるという意味だとお考えいただいて結構です。いわゆる資産家の方にとっては困ったことかもしれませんが、世間一般的なものだという意味に取っていただいていいと思います。

 

 ではこれまでお示しいただいたデータを元に考えてみますと、結婚式や披露宴の費用を親が出すということは世間一般によくあることです。今回はおばあさんが出すということですので、これが果たして世間一般的かと思うと少々難しいかもしれませんが、先に示した孫が養子の身分を取得しているケースや、親が既に他界している人のケースは同等に考えられます(代襲相続ですので問題はないとされます)。

 しかし、それを考えるなら結婚指輪ぐらいは自己資金でまかなうべきでしょう。自己資金がどうしても難しい場合には結婚資金の費用としての一部に算入することもあるかもしれませんが、社会通念上はいわゆる「給料3ヶ月分」といわれます。指輪まで親に買ってもらう人は少ないのではないでしょうか。結婚指輪についてはここが問題だと思います。あとあとの事を考えると、関連費用といえども安心できたものではないように思えます。

 しかし、結婚式場にかかる費用は300万円くらい見込んだ方がよいと思います。これまではデフレでかなり結婚式の相場も下がってきていましたが、地域性や慣習こそがまさに社会通念です。ゼクシィネットを調べてみると、200万で費用が足りるとは思えません。
 安く宣伝しているところはいわゆるパック料金ですが、ドレスは持ち込みだったり、披露宴は別会場だったりするので注意が必要です。また、招待客の人数や年齢層によっては飲食費が大きく上下するものです(若い人が多ければ飲み放題はお得だが、年配客はそれほど飲まない)。式場の格式によっても料金が異なりますし、いわゆるお色直しだとか係員に対する心付けを用意するなど考えると結構バカにならないものです。

 ですので、この費用は少々余裕を持たせた方がよい結婚披露宴を行うことができるでしょう。税金を気にしてぎちぎちに圧縮したのでは冠婚葬祭は台無しです。

 

 新婚旅行費用ですが、いわゆるパック旅行であれば上限額にはなると思いますが、これは別に珍し事ではありません。今までは円高で海外旅行はどんどん安くなっていましたが、このところはずっと円安です。むしろ原油相場が高騰していることと相まって、燃油サーチャージが上昇するリスクがあります。また出発する日によって、旅行費用は大きく変わるものなのです。大型連休や夏休みなどは一般的に費用が高騰する時期ですので、一人50万円が不相応かというと必ずしもそれはあたりません。

 

 以上がいわゆる世間一般的なものの考えだと思われますがいかがでしょうか。もしご心配でしたらそちらの日本ファイナンシャルプランナーズ協会の連絡先を書きますので、改めて所属の税理士にご質問ください。

◎所在地 愛知県名古屋市中村区那古野1-47-1名古屋国際センタービル1F
◎連絡先
 TEL(NNN) NNN-NNNN
 FAX(NNN) NNN-NNNN 
 E-mailXXX@XXXXXX.XXX 
 OPEN 10:00-16:00(土日祝日休み)

AFP01, AFP(2級ファイナンシャルプランナー)
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 60
経験: 駒澤大学卒業。2012年AFPに登録。
AFP01をはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.
再投稿:回答の質.
専門家:  AFP01 返答済み 3 年 前.
評価をいただきありがとうございました。これにて回答を締めたいと思います。

ユーザーの声:

 
 
 
  • ありがとうございました。とてもわかり易く説明してくれました。 東京都在住
< 前へ | 次へ >
  • ありがとうございました。とてもわかり易く説明してくれました。 東京都在住
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • t8toshio

    t8toshio

    税理士

    満足した利用者:

    147
    税理士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/T8/t8toshio/2011-11-1_21951_tsuji2.64x64.jpg t8toshio さんのアバター

    t8toshio

    税理士

    満足した利用者:

    147
    税理士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/IC/ichinomiyacpta/2012-3-14_23516_240315jibun.64x64.JPG ichinomiya-cpta さんのアバター

    ichinomiya-cpta

    税理士

    満足した利用者:

    80
    昭和52年 名古屋国税局平成21年 半田税務署総務課長で退官平成21年 愛知県一宮市で税理士開業
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/07/07kazun/2011-10-1_43321_005.64x64.JPG 07kazun さんのアバター

    07kazun

    税理士

    満足した利用者:

    18
    大手監査法人退職後、独立開業中。
  • /img/opt/shirt.png fplawyer さんのアバター

    fplawyer

    弁護士・1級FP技能士・CFP

    満足した利用者:

    110
    弁護士 1級ファイナンシャル・プランニング技能士・CFP
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RF/rf1035050/プロフィール.64x64.jpg rf1035050 さんのアバター

    rf1035050

    1級ファイナンシャル・プランナー

    満足した利用者:

    13
    コンサルタント
  • /img/opt/shirt.png onosenana さんのアバター

    onosenana

    2級ファイナンシャル・プランナー

    満足した利用者:

    13
    会計事務所勤務6年
 
 
 

税金 についての関連する質問