JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t8toshioに今すぐ質問する
t8toshio
t8toshio, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 168
経験:  税理士
62805737
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
t8toshioがオンラインで質問受付中

2年前に都合により個人事業主廃業届を出し昨年の確定申告はしたんですが。又始めようと思い開業届は出さず昨年事業を始めた

解決済みの質問:

2年前に都合により個人事業主廃業届を出し昨年の確定申告はしたんですが。又始めようと思い開業届は出さず昨年事業を始めたんですが諸事情でで続けられなくなり結果昨年の収入は38万以下。確定申告どうなるんでしょうか?しなかった場合健康保険金額、、市民税、とかの影響はどうなるんでしょうか。無申告は初めてなのでわかりません。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  t8toshio 返答済み 4 年 前.

お世話になります。早速質問に回答させていただきます。

 

収入38万円以下ということで、確定申告は必要ありません。ただし青色申告の届出を提出していれば、今回赤字の分を翌年以後3年間にわたり繰越することができます。その事業が今後黒字になりそうであれば、申告されたほうがいいと考えます。申告された場合には、個人住民税や国民健康保険については、届出は必要ありません。

 

無申告の場合、所得税の確定申告の場合には問題ありません。市民税の場合には、所得が低いとしても申告しなければなりません。申告しなければ後日、個人住民税の確定申告をしてくださいと郵送で送られてきます。国民健康保険税については、所得が無かったことの申告(市民税)をしたほうがよさそうです。国民健康保険税(均等割り、平等割のみ)の7割が軽減されるからです。

 

(結論)

収入が38万円以下ということで、所得(収入-経費)があるかマイナスになるかにより異なります。

(1)所得がマイナスになる場合

確定申告により、赤字を繰越ししたほうが有利

(2)所得がプラスになる場合、もしくは青色申告でない場合

所得税の確定申告はせず、市民税の確定申告をする、これにより国民健康保険税は軽減

 

以上 ご参考になれば幸いです。宜しくお願いいたします。

t8toshioをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問