JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
zeikinに今すぐ質問する
zeikin
zeikin, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 8
経験:  大阪で経営者の税務顧問、経営相談を行なっています。
71406244
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
zeikinがオンラインで質問受付中

個人事業主の広告宣伝費の扱いについて はじめまして。 宜しくお願いします。 私は個人事業主です。イベント企画制作を仕事にしており

質問者の質問

個人事業主の広告宣伝費の扱いについて

はじめまして。
宜しくお願いします。

私は個人事業主です。イベント企画制作を仕事にしており
企画のプランニングや現場の仕切りを仕事にしています。フリーランスです。

今年、私の母が亡くなりました。
母は作品を持つ作家です。
彼女のために、展覧会を開きました。
販売するつもりはなく、入場無料で、ただ、彼女の作品をおおく認知してもらいたく
ある意味、母という人間の広告のために展覧会を開きました。

かねてから、自分をプロデュースしてほしい
と母から言われていたため
今回は、いままでの仕事の経験を生かし、ある意味、母をPRする仕事
として業務を遂行しました。

この費用を 私の業務の広告宣伝費として計上したいのですが
クライアントに相当する私の母はもういません。

だから、私の持ち出し事業という形になります。

使った費用は

①会場費
②ダイレクトメールのデザイン費、発送費
③看板やキャプションの製作費
④会場視察に伴う交通費、打ち合わせ諸経費
⑤現場備品代
⑥設営撤去、受付のアルバイト代

等です。

自主事業ということで、広告宣伝費としたいのですが
商品の販売目的ではなく
「私の業務の一例を魅せる」為の、私自身の能力の宣伝費でもあり
母の作品を広く知って頂くための宣伝費です。

なお、今後も、私は母の作品のプロモーターとしてライフワークとしていくつもりです。
いづれ、
自主事業 になりますが、

自主事業は広告宣伝費にできるのでしょうか?
こちらを経費計上できることで
税金の支払い額も軽減され

経費計上できないと、税金もたくさんですし、手元に残っているお金も少ないので(展覧会で使ってしまい)
できる限り、減税になるような方向で組み立てられればありがたいと思っています。


どなたか教えて下さい。

何卒宜しくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  zeikin 返答済み 4 年 前.
現在行われている事業での売上は上がっているのでしょうか?

それに対する経理であることが説明できれば、お母様の作品のプロモートであっても必要経費にできるかと思います。

もし来年以降に計上される売上のための経費でしたら、青色申告を行うことで損失の繰越が可能になりますので、そうされたほうがいいかと思います。

税金 についての関連する質問