JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

t8toshioに今すぐ質問する

t8toshio
t8toshio, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 168
経験:  税理士
62805737
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
t8toshioがオンラインで質問受付中

はじめまして、相続税の対策についてそうだんです。 私名義の母の死亡保険3000万、現金で私の給与から父へ約15

質問者の質問

はじめまして、相続税の対策についてそうだんです。

私名義の母の死亡保険3000万、現金で私の給与から父へ約1500万円を父へ貸し付けています。約13年前です。
このたび、父からの相続税対策としてこれらの借用書を父へ の貸し付けとし、父の財産をへらしたいと考えておりますが、事項が10年というのも聞いたことあり、相続税対策にこれらの金額が使えるのかどうか教えてください。

なお、貸付した金額が私の通帳から振り込まれています。
通帳には宛名がないため、借用書を作成しています。

どうすればよいかお教え頂ければ助かります。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  Ryoko-Mod 返答済み 3 年 前.
質問をご投稿いただきありがとうございます。こちらはJustAnswerユーザーサポートです。

残念ながら、ご投稿の質問への回答が現時点ではまだ寄せられていないため、質問の優先順位を上げております。また、質問内容が明瞭かや、ご設定の質問料金が適切かなども再度ご確認ください。
専門家:  t8toshio 返答済み 3 年 前.

お世話になります。早速質問に回答させていただきます。

 

親子間などの特殊関係者間の金銭賃借については、贈与と取り扱われないための条件としては、次の事項が明確に取り決められていることが必要になると考えます。

(1)返済期間が明確にされていること

(2)通常支払われると認められる利息が付されていること

(3)銀行口座振込みなどにより、返済事実が第三者に確認できるような返済方法であること

 

あなた様の場合には、通帳から振込みがされており、借用書もあるとのことですが、返済がされておらず、利息も無利息であると推察されます。このため、借用書のみをもってお父様の負債とし債務控除とした場合には、事実認定により贈与とみなされ、否認される可能性が高くなります。このため以下の方法があります。

 

(1500万円の貸付について)

13年前にあなた様の口座からお父様の口座に振込みをし、借用書もあるのは事実であるため、お父様の生前に1500万円をあなた様へ返済してもらいます。この方法だとお父様の財産を減らすことができ、借用書も借用事実もあるために贈与税がかかりません。

 

(死亡保険3000万円について)

死亡保険3000万円を貸し付けたとのことですが、あなた様が死亡保険3000万円を受け取り、お父様へ貸し付けたということであれば、上記1500万円の貸付と同じ処理になります。保険料の負担者があなた様であり、保険金受取人をあなた様からお父様へ変更したということであれば、死亡保険金を受け取って時点でお父様に贈与税が課税されます。

 

死亡保険金については、ケースバイケースにより異なりますので、下記国税庁HPをご参考にされてください。保険料の負担者、保険料受取人が誰になるかにより課税関係が変わります。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1750.htm

 

いずれにしても死亡保険金については、もう少し詳しい情報をいただければと思います。

 

以上 ご参考になれば幸いです。宜しくお願いいたします。

 

 

質問者: 返答済み 3 年 前.

回答、


、ありがとうございます。


 


現在父には1500万円を返済する資金力はありません。


その他の方法で返済する形にするなど方法はありますでしょうか?


あるいは、「相続の際に返済というたちにする」という返済方法でもかまわないのでしょうか?


 


また、保険金は私名義で、私の口座に一度ふりこまれています。


それをそのままそっくり父(あるいは父の会社の口座)に振り込みました。


保険金の扱いについても、もう少し詳しくご相談させて頂きたく、


ご相談することは可能でしょうか?

専門家:  t8toshio 返答済み 3 年 前.

ご回答ありがとうございます。追加質問回答させていただきます。

 

(1)現在父には1500万円を返済する資金力はありません。

その他の方法で返済する形にするなど方法はありますでしょうか?

あるいは、「相続の際に返済というたちにする」という返済方法でもかまわないのでしょうか?

→お父様の相続税対策が必要とのことで、資金はなくても不動産など他の財産をお持ちだと思います。それをあなた様が買い取りして、支払については、借入金と相殺ということではいかがでしょうか。ただ不動産であれば登記などの費用がかかりますし、購入した金額より売却金額(税務上の時価と同額程度であれば贈与税などのリスクがなくなります)が高ければ、お父様に譲渡所得がかかります。ただ現状の不動産の状況をみますと購入価格より売却価格のほうが高くなることはまれだと思います。

→「相続の際に返済というかたちにする」という方法だと前述したように過去の贈与とみなされ否認される可能性が高いと考えます。

 

(2)また、保険金は私名義で、私の口座に一度ふりこまれています。

それをそのままそっくり父(あるいは父の会社の口座)に振り込みました。

保険金の扱いについても、もう少し詳しくご相談させて頂きたく、

ご相談することは可能でしょうか?

→相談することは可能です。ただ本件の場合には、一旦あなた様の口座に一度振り込まれているということで、13年前にあなた様の一時所得ということで税務については完結していると考えられます。そのお金をお父様へ貸し付けたということで、前述したような贈与とみなされないことの要件を満たしていれば金銭賃借になり、あるは事実認定により贈与となるかということになります。

 

(3)4500万円貸付金となったときの無利息に対する贈与税のリスク

死亡保険金30 00万円及び貸付金1000万円を無利息でお父様に貸し付けたということであれば、4500万円に対する利息に対して贈与されたということでお父様へ課税されます。契約書に利息が明記されていなければ商事利率6%(民事利率5%という考えもあります)で計算した金額の贈与と取り扱われます。つまり毎年お父様に4500万円借入金の利息270万円の贈与があったものとして課税されるリスクがあります。年間110万円までであれば、贈与税はかからないので問題とならないのですが、4500万円貸付金、無利息となるとこのような毎年の贈与税のリスクが生じます。またこの利息については、毎年発生し継続中であるため、贈与税の時効である7年以内のものについては時効の対象とはなりないと考えます。

 

(4)まとめ

上記をまとめると以下のような対策になると推定します。

①お父様が過年度からの利息に対する贈与税の申告及び納税をした上で、借入金として処理する。

→過年度7年分の無利息に対する贈与税の申告及び納税、さらに今後も贈与税の申告をつづければこの借入金については、信憑性が高くなり相続税の債務控除として可能であると考えます。ただし贈与税のコストがかかります。270万円の贈与であれば、年間16万円の贈与税です。加えて過年度分については延滞税の税が発生します。

②お父様の財産を借入金と同額であなた様が買い取る。

→過年度7年分の無利息に対する贈与税は発生すると考えますが、借入金と相殺してしまうので、今後の贈与税はなくなります。ただし不動産の移動コストや場合によってはお父様の譲渡所得が発生します。

③事実認定により贈与となるため、他の方法で相続税対策をする

→実質的に贈与であれば、この方法がいいと考えます。

 

以上 ご参考になれば幸いです。宜しくお願いいたします。

 

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • ありがとうございました。とてもわかり易く説明してくれました。 東京都在住
< 前へ | 次へ >
  • ありがとうございました。とてもわかり易く説明してくれました。 東京都在住
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • t8toshio

    t8toshio

    税理士

    満足した利用者:

    147
    税理士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/T8/t8toshio/2011-11-1_21951_tsuji2.64x64.jpg t8toshio さんのアバター

    t8toshio

    税理士

    満足した利用者:

    147
    税理士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/IC/ichinomiyacpta/2012-3-14_23516_240315jibun.64x64.JPG ichinomiya-cpta さんのアバター

    ichinomiya-cpta

    税理士

    満足した利用者:

    80
    昭和52年 名古屋国税局平成21年 半田税務署総務課長で退官平成21年 愛知県一宮市で税理士開業
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/07/07kazun/2011-10-1_43321_005.64x64.JPG 07kazun さんのアバター

    07kazun

    税理士

    満足した利用者:

    18
    大手監査法人退職後、独立開業中。
  • /img/opt/shirt.png fplawyer さんのアバター

    fplawyer

    弁護士・1級FP技能士・CFP

    満足した利用者:

    110
    弁護士 1級ファイナンシャル・プランニング技能士・CFP
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RF/rf1035050/プロフィール.64x64.jpg rf1035050 さんのアバター

    rf1035050

    1級ファイナンシャル・プランナー

    満足した利用者:

    13
    コンサルタント
  • /img/opt/shirt.png onosenana さんのアバター

    onosenana

    2級ファイナンシャル・プランナー

    満足した利用者:

    13
    会計事務所勤務6年
 
 
 

税金 についての関連する質問