JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t8toshioに今すぐ質問する
t8toshio
t8toshio, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 168
経験:  税理士
62805737
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
t8toshioがオンラインで質問受付中

確定申告について質問です。 欧州に2012/11月~2013/11までの一年間、留学予定なのですが、その間の給料は

質問者の質問

確定申告について質問です。
欧州に20 12/11月~2013/11までの一年間、留学予定なのですが、その間の給料は日本の職場から支給されます。国内の住宅ローンなども支払いながらなのですが、その間は国内の家は、賃貸にして貸し出すなどの予定はありません。住民票は2012/10月下旬~2013年11月までの一年間、日本から抜く予定です。
質問は来年2013年3月の確定申告なのですが、国内にいないためできません。
帰国後の2013年11月に行うか、再来年2014年に合わせて2年分行うことは可能なのでしょうか?
その際は無申告課税や延滞税の対象にならないようにするには事前の申告が必要なのでしょうか?
国内には代わりに確定申告してくれる適当な人物は親族にはおりません。
ご教授のほど、よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  t8toshio 返答済み 4 年 前.

お世話になります。早速ですが、質問に回答させていただきます。本件につきましては、留学期間が1年以上になるか1年未満になるかで判断が異なります。また給与ということで勤務されている会社の処理になる部分が多いです。以下ケースごとに説明させていただきます。

 

(1)1年未満で帰ってくる予定で留学のため出国し、実際に1年未満の期間で帰国した場合

→日本国内居住者ということで処理されるため、通常どおり毎月の給与から源泉徴収され、年末調整という処理になります。このため、日本居住者と同じように給与以外の収入があるなど必要があれば確定申告が必要となります。海外におられるということであれば、E-taxにて申告するか、もしくはインターネットで国税庁確定申告作成コーナーで作成したあとで、印刷し、郵送されてはいかがでしょうか。給与以外の収入がなければ会社が年末調整をして終わりとなります。

 

(2)1年以上で帰ってくる予定で留学のため出国し、実際に1年以上で帰国した場合

→出国したときから非居住者となるため、出国以後は日本で源泉徴収されず、この場合会社が出国する前の最終給与で年末調整します。あなた様の場合には、2012/1月から10月までが日本の分、2012/11月以後が海外分となり、海外分は海外現地にて課税されます。

日本の分については、納税管理人がいれば、届出を提出した後に2013年の確定申告時期に確定申告となりますが、納税管理人がいないということであれば、出国する前に一度準確定申告をし、その後2013年の確定申告時期にもう一度確定申告をする必要があります。下記国税庁URL参照にされてください。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1926.htm

 

海外におられるということですので、(1)に述べたようにE-taxや紙で印刷して郵送という方法があります。

 

(3)1年未満で帰ってくる予定で留学のため出国し、実際には1年以上で帰国した場合

→1年以上での帰国が確定した段階で非居住者になります。この場合には、会社に1年以上かかると連絡し、その段階で年末調整となります。課税については、(1)、(2)をご参照されてください。

 

(4)1年以上で帰ってくる予定で留学のため出国し、実際には1年未満で帰国した場合

→1年未満で帰国することが確定した段階から居住者となります。この場合には、会社に1年未満になると連絡し、その時点から日本居住者と同じように源泉徴収が発生します。課税については、(1)、(2)をご参照されてください。

 

(質問回答)

帰国後の2013年11月に行うか、再来年2014年に合わせて2年分行うことは可能なのでしょうか?

→2年分行うことは可能ですが、確定申告の必要があれば申告期限がすぎたものに関しては、延滞税等が発生します。確定申告の必要がなければ、会社が年末調整を行い終わりとなるだけです。

 

その際は無申告課税や延滞税の対象にならないようにするには事前の申告が必要なのでしょうか?

→上記述べたように、E-taxや紙で印刷して郵送という方法があります。事前の申告等については、上記(2)をご参考にされてください。

 

国内には代わりに確定申告してくれる適当な人物は親族にはおりません。

→費用がかかりますが、税理士に納税管理人を依頼する方法もあります。

 

以上 ご参考になれば幸いです。宜しくお願いいたします。

質問者: 返答済み 4 年 前.

返答ありがとうございました。


具体的に申し上げますと、以下の(3)です。


2012/10/17に転居届を提出しましたが、実際の帰国はおそらく来年2013年11月上旬ということがこちらに来てわかりました。


(3)1年未満で帰ってくる予定で留学のため出国し、実際には1年以上で帰国した場合



したがって、一年以上の滞在になってしまいます。


納税管理人がいないということであれば、出国する前に一度準確定申告をし、その後2013年の確定申告時期にもう一度確定申告をする必要があります。



と、返事いただきましたが、二回行わなければならない理由はどうしてでしょうか?準確定申告はネットでできますか?

専門家:  t8toshio 返答済み 4 年 前.

ご回答ありがとうございます。

 

二回行わなければならない理由はどうしてでしょうか?

→私の推測ですが、納税管理人がいないということで、出国後に確定申告をしてくれる保証がないということで、出国までに一旦申告するという規定だと思います。

 

準確定申告はネットでできますか?

→海外出国についての準確定申告については、E-taxに対応しております。紙で郵送の場合でも国税庁の確定申告作成コーナーで印刷して確定申告の横に準と記載するだけです。

 

以上 宜しくお願いいたします。

税金 についての関連する質問