JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ichinomiya-cptaに今すぐ質問する
ichinomiya-cpta
ichinomiya-cpta, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 105
経験:  昭和52年 名古屋国税局平成21年 半田税務署総務課長で退官平成21年 愛知県一宮市で税理士開業
66374304
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
ichinomiya-cptaがオンラインで質問受付中

連帯債務で住宅ローンを組む場合、夫婦それぞれの所得税が30万を超えているとしたケースでは、それぞれがローン残高の1%

解決済みの質問:

連帯債務で住宅ローンを組む場合、夫婦それぞれの所得税が30万を超えているとしたケースでは、それぞれがローン残高の1%が30万までの控除が受けられますか? たとえば、登記が1/2ずつで 年末の融資残高が6,000万だった場合、30万ずつの控除が夫婦それぞれうけられるか? 教えてください。


 


 


ローン減税は夫婦でそれぞれMAX300万(25年入居の場合)(他の条件がすべて整っている場合)うけられるのでしょうか?

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  ichinomiya-cpta 返答済み 5 年 前.

 ご質問のように、連帯債務残高が6000万円で登記が各1/2でされている場合には、夫婦それぞれが最大30万円の控除を受けることができます。

 注意すべきことは、現在は夫婦ともに30万円以上の所得税があっても、将来育児等で収入が減少または無くなってしまった場合には、その方の控除は受けられなくなりますので、将来を見据えて決断してください。

 以上、参考としてください。

ichinomiya-cptaをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問