JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ichinomiya-cptaに今すぐ質問する
ichinomiya-cpta
ichinomiya-cpta, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 105
経験:  昭和52年 名古屋国税局平成21年 半田税務署総務課長で退官平成21年 愛知県一宮市で税理士開業
66374304
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
ichinomiya-cptaがオンラインで質問受付中

初めまして、現在在宅の仕事をしておりますが、自分の収入以外に会社の仕事で使う郵送料を毎月私の口座に入金されてきます。

解決済みの質問:

初めまして、現在在宅の仕事をしておりますが、自分の収入以外に会社の仕事で使う郵送料を毎月私の口座に入金されてきます。その入金金額で毎月の郵便後納料金を支払っているのですが
10万超えています。この場合の入金は個人所得となってしまいますよね。この場合の税金対策はやはり申告して、領収書を税務署に提出すればいいのでしょうか。最初に会社名義で郵便後納手続きをすれば良かったのです が、個人でもできると言われ私自信の名前で登録してしまつた為支払いは私がするというかたちになってます。在宅なので、会社に行く事もないので、手渡しされる事もなく毎月入金されるというかたちになっています。方法としては、私自信が申告するか、それか会社名義にして会社側へ請求が行く様にするという2点しか方法はないでしょうか。税金云々が良く解らないのですが・・・このままでは変ですよね。お忙しい所申し訳ありませんが、ご解答頂ければと思います。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  ichinomiya-cpta 返答済み 5 年 前.

 ご質問の内容は、ご自身の事業とは別にある会社から郵便料をいただいて、そのお金はそのままその会社の郵便料に充てられる、ということで以下に回答します。

 そもそも、単なる名義だけであって、あなたとは関係がないものとすれば何の処理もしなくてっもよいと思われます。

 しかし、表面上はあなたの預金に入金されているわけですから、何らかの疑いを持てれますので、あなたの事業の郵便料(通信費)を、入金された金額だけ減額してはどうでしょうか?

 以上、参考としてください。

ichinomiya-cptaをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問