JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t8toshioに今すぐ質問する
t8toshio
t8toshio, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 168
経験:  税理士
62805737
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
t8toshioがオンラインで質問受付中

夫が主契約者、妻の私が連帯債務者として2900万円を借りたローンの残債約2500万円の借り換えを 検討しています。

解決済みの質問:

夫が主契約者、妻の私が連帯債務者として2900万円を借りたローンの残債約2500万円の借り換えを
検討しています。登記上の持ち分は、2分の1ずつです。現在私がパート勤めのため、借り換えローンは、
夫単独の契約になります。
 その場合、妻の持ち分は夫からの贈与となり課税されるとのことですので、それを避ける方法を教えて
いただきたいのですが。

よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  t8toshio 返答済み 5 年 前.

お世話になります。早速質問に回答させていただきます。

 

実際に奥様のパート収入からローン返済金額のうち自分の持ち分(2分の1)を返していくのであれば、名義が旦那様だけになっても、金銭の流れを明確に残していく必要があります。具体的には下記のとおりです。

・奥様の持ち分相当額の住宅ローンについては、ご主人様との間で金銭消費貸借契約を結びます。

・毎月その契約書どおりに奥様の収入(口座)からご主人様の口座へ返済をしていきます。

・金額が大きいために、事前に上記の方法で贈与税がかからないことを所轄の税務署(資産税部門)へ確認をします。確認をとったときには、その担当者の名前、内容、日付を保存されてください。

 

以上 ご参考になれば幸いです。宜しくお願いいたします。

 

 

 

t8toshioをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問