JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t8toshioに今すぐ質問する
t8toshio
t8toshio, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 168
経験:  税理士
62805737
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
t8toshioがオンラインで質問受付中

不動産収入が去年からあります。 マンション1部屋です。 白色の申告をしてます 今年から副業もはじめて 今年青

質問者の質問

不動産収入が去年からあります。
マンション1部屋です。
白色の申告をしてます
今年から副業もはじめて
今年青色申告を始めたいと思っていますが有利でしょうか?
又自宅での副業ですが
ローン控除中です。
確か90%以下の面積なら(仕事場)が
ローン控除併用と聞きましたがどうなんでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  t8toshio 返答済み 5 年 前.

お世話になります。早速質問に回答させていただきます。

(1)青色申告について

おっしゃるとおり、青色申告で申告されたほうが税金的に有利になります。

要件として帳簿をつける必要がありますので、ご留意されてください。安価な会計ソフトがありますので、これで対応することができます。

 

不動産所得だけであれば、ワンルームマンション一室であれば、事業的規模でないので、10万円の青色申告特別控除しか受けられませんが、事業所得もあれば、65万円の青色申告特別控除を引くことができるので有利です。

(2)住宅ローン控除について

まず家屋全体の面積のうち事業用に使っている面積の割合により判定されることになります。床面積の2分の1以上を専ら居住用に利用していなければ、住宅ローン控除そのものを受けることができません。また事業用としての借入部分については住宅ローン控除を受けることはできません。逆に事業所得として経費にできるものは、下記になります。

・住宅ローン利息のうち、事業用部分に相当する部分

・固定資産税のうち、事業用部分に相当する部分

・建物減価償却費のうち事業用部分に相当する部分

・火災保険料のうち事業用部分に相当する部分

 

以上 ご参考になれば幸いです。宜しくお願いいたします。

税金 についての関連する質問