JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ichinomiya-cptaに今すぐ質問する
ichinomiya-cpta
ichinomiya-cpta, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 105
経験:  昭和52年 名古屋国税局平成21年 半田税務署総務課長で退官平成21年 愛知県一宮市で税理士開業
66374304
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
ichinomiya-cptaがオンラインで質問受付中

ここ何年も確定申告をいままでせずに、アルバイトをしていました。給料明細はありますが、源泉徴収はありません。 主人の

質問者の質問

ここ何年も確定申告をいままでせずに、アルバイトをしていました。給料明細はありますが、源泉徴収はありません。
主人の扶 養からは外れ、健康保険、厚生年金はサラリーマン3号で届け出をしていますが、実際 昨年は180万円の収入がありました。
先日、役所より「確定申告をしていないのですか」と言われました。

確定申告に行った場合、過去5年分の税金を納めなければならないと分かっていますが、どのくらいの金額になるのか、考えると怖いです。自業自得ではありますが、どのくらいの金額を支払わなければならないのか、大まかで良いので、教えて下さると助かります。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  ichinomiya-cpta 返答済み 5 年 前.
 過去5年間の収入状況を教えてください。
質問者: 返答済み 5 年 前.
もう、5年前の給料明細はありませんが、

だいだい月給96000円×12カ月、ボーナス21万×2回、交通費5000円×12カ月、他残業手当など約20万円です。

毎年だいたい170はあったとおもいます。

通帳はありますが、21年の物からしかありません。現金支給でしたので・・・
専門家:  ichinomiya-cpta 返答済み 5 年 前.

 毎年、170万円の給与があったものとして以下に回答させていただきます。

 給与所得控除後の金額  1,020,000円

 基礎控除  380,000円

 課税所得金額  640,000円

 所得税額  32,000円

 このほかに住民税(県民税及び市民税)が約75,000円かかりますので、合計で約107,000円ほどになります。

 税金については以上です。

 以上、参考としてください。

ichinomiya-cptaをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
ありがとうございます。

1年約107000円で、5年間なら 約535000円と言う事ですか?

確定申告するための源泉徴収票がありませんが、給与明細と通帳で良いでのしょうか?

国民健康保険と国民年金も5年分、さかのぼって納付になりますよね?

主人の税金は追加納付がくるのでしょうか?


質問者: 返答済み 5 年 前.
ありがとうございます。

1年約11万円で、5年で55万ですね。

国民年金と国民健康保険料も5年分しはらいますよね?これは、どのくらいでしょうか?

また、主人の所得税は追加納税が来るのですか?
専門家:  ichinomiya-cpta 返答済み 5 年 前.

 ご承諾いただきましてありがとうございます。

 概算で、50数万円になります。

 給与明細をもって税務署へ行けば確定申告はできると思います。

 ただ、税金の問題と併せて社会保険(国民健康保険や国民年金)の問題も大きく、その点については別に質問をされ、社会保険労務士の意見を伺ってください。

 また、ご主人が配偶者手当等を受け取っている場合にはその返納の問題も出てきますので、できればこのようなネットでの相談ではなく、お近くの専門家と面接されてご相談されることをお勧めします。

 以上、参考としてください。

質問者: 返答済み 5 年 前.
確定申告は、源泉徴収票がなくてもできますか?

22年5月からの給与明細と、21年からの振込み通帳はありますが、それ以前は現金支給だったので ありません。

質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答が遅い.
専門家:  ichinomiya-cpta 返答済み 5 年 前.

 確定申告は源泉徴収票がなくてもできます。

 ただ、給与所得者(パートを含む)の場合、本来は給与の支払者が源泉徴収をして年末調整を行い、その結果を源泉徴収票として受給者に交付することとなっています。

 したがって、源泉徴収票を受給者に交付していない場合、その支払者に税務署の調査があることもあります。

 以上、参考としてください。

税金 についての関連する質問