JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ichinomiya-cptaに今すぐ質問する
ichinomiya-cpta
ichinomiya-cpta, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 105
経験:  昭和52年 名古屋国税局平成21年 半田税務署総務課長で退官平成21年 愛知県一宮市で税理士開業
66374304
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
ichinomiya-cptaがオンラインで質問受付中

こんにちは 税のことで教えてほしいことがありますのでよろしくお願いします 家族構成と収入 夫 年収1050

質問者の質問

こんにちは
税のことで教えてほしいことがありますのでよろしくお願いします

家族構成と収入
夫 年収1050000円前後 サラ リーマン
妻 本人 100万円 夫の扶養範囲内
子供 19.15歳 2人

私はパート収入を103万以下に抑えていますが、子供の学費がかかり130万以下までに増やそうか悩んでいます

ただ私の所得税と住民税がかかるようになるのと、夫の控除の関係で夫の税金も増えるのでしょうか?
私と夫の税の増額など合わせると、103万のままにしたほうがいいのか、130万まで働いたほうがいいのか教えてください
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  ichinomiya-cpta 返答済み 5 年 前.

 あなたのパート収入が125万円になった場合について、概算額を以下にしまします。

 なお、、ご質問ではご主人の収入105万円となっていますが、1,050万円として回答します。

 (105万円の場合は、ご主人の税額はいずれの場合もゼロです)

【ご主人の税金増加額】

 配偶者控除が受けられなくなりますので、

  38万円×20%=76,000円(所得税増加分)

  33万円×10%=33,000円(住民税増加分)

 よって、ご主人の税金増加額は合計109,000円

【あなたの税金増加額】

 (125万円-103万円)×5%=11,000円(所得税増加分)

 (125万円-98万円)×10%+5,000円(均等割り)=32,000円

 よって、あなたの税金増加額は合計43,000円

【結論】

 現在よりも25万円の収入増に対して、税金の増加分は152,000円となります。

 また、上記はご主人の社会保険に引き続き被扶養者として認定されることを前提としています。

 多くの場合、配偶者の年収130万円までは被扶養者になると思いますが、会社によって取扱いが異なる場合もありますので、この点についてはご主人の会社へお問い合わせください。

 さらに、会社によっては、一定の基準のもとに配偶者手当を支給している場合があり、この基準も会社によって異なりますので、この点についても確認してください。

 以上、参考としてください。

ichinomiya-cptaをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうがざいます

先ほど承諾で返信したのですが、金額のはっきりした数字を教えてください

夫の収入が一千万円になった時点ですか

妻の収入金額がいくら以上で配偶者控除がなくなるのですか?

専門家:  ichinomiya-cpta 返答済み 5 年 前.

 所得税の配偶者控除は、配偶者の所得が38万円以下の場合に受けられます。パート(給与所得者)の場合には、給与所得控除が65万円ありますので、年間の収入金額が103万円以下であれば所得金額が38万円以下となります。

 ただし、社会保険の被扶養者になるかどうかは別の基準があり、多くは年間収入金額(正確には向こう1年間の見込み額)が130万円以下となっているようです。

 以上、参考としてください。

税金 についての関連する質問