JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kaikei2103に今すぐ質問する
kaikei2103
kaikei2103, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 10
経験:  東京大学卒業、3年間の大手監査法人勤務の後、資産税・不動産オーナー向け税理士事務所で税務の経験を積む。2012年開業。 税理士・公認会計士。
67192088
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
kaikei2103がオンラインで質問受付中

電話とネットを利用した占い師を始め、月収20万円くらい得ています。確定申告はきちんとするつもりなのですが、世間の偏見

解決済みの質問:

確定申告時の職業欄の記載についてと、節税について教えてください。電話とネットを利用した占い師を始め、月収20万円くらい得ています。世間の偏見などが強い職業のため、占い師ということを隠したいと思っています。確定申告の職業欄の記載例として占い師という項目がありましたが、それを選びたくありません。他に執筆で年間で2万円以下位ですが、わずかな収入を得ることもありますので 、執筆業・サービス業と書きたいのですが、何か違法になりますか? また、アフィリエイトを始めようかと思っています。この場合、アフィリエイトの収入はおそらくすぐには上がらないと思っています。むしろ、通信費や記事を書くための取材費や旅費などを経費に計上することで、アフィリエイトは赤字、占いで黒字ということで全体としては黒字ながらも、節税になるのではないかと思っています。こういうことは可能でしょうか。またこの場合、職業欄はインターネット事業、でも大丈夫でしょうか。申告は白色でいきたいと思っています。

アドバイスお願い致します。

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  kaikei2103 返答済み 5 年 前.

職業欄の記載については、虚偽でなければ違法にはなりません。ご質問者様の場合、インターネットを通じたサービス業ですので、「サービス業」や「インターネットサービス業」、占い師に近い表現をするならば「コンサルティング業」「カウンセリング業」などの表現でも構わないと思われます。もちろん、実態から近い表現のほうが望ましいですが。

また、アフィリエイトを赤字、占いを黒字で節税を図るのは全く問題はありません。この場合、インターネット事業という表現でも構いません。

kaikei2103をはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問