JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kaikei2103に今すぐ質問する
kaikei2103
kaikei2103, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 10
経験:  東京大学卒業、3年間の大手監査法人勤務の後、資産税・不動産オーナー向け税理士事務所で税務の経験を積む。2012年開業。 税理士・公認会計士。
67192088
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
kaikei2103がオンラインで質問受付中

大阪に住んでいる和田と申します。 無料で税金に相談に乗って頂けると聞いて、悩んでいることがあるので、質問させて頂き

質問者の質問

大阪に住んでいる和田と申します。
無料で税金に相談に乗って頂けると聞いて、悩んでいることがあるので、質問させて頂きます。

実は、今年の2月に株式投資(現物)で400万円以上が飛んでしまいました。
エルピーダという企業が倒産してしまいましたので。
妻からも150万円を借りていたのですが、どうしようもないと思っていました が、
確定申告をすれば3年間お金が戻ってくると聞いたので、そのことについて詳しく聞きたいと思いました。
普通のサラリーマンで子供も3人いて、専業主婦の妻も養っているので、少しでもお金を取り戻せたら
と思っていますが、知り合いに相談もできないので、こちらに相談させていただきました。

①お金が戻ってくるというのは、どういうことなのでしょうか?
株で儲けた時に10%の税金を引かれているのが戻ってくるということでしょうか?
今は源泉徴収ありの特定口座を開設しています。

②3年間控除してくれるとも聞いたのですが、それも確定申告の時にするのでしょうか?
サラリーマンなので、今まで確定申告をしたことがないのですが、税込年収約900万円です。
この株の損を取り戻すための確定申告の記入や申請は難しいのでしょうか?

③それと、昨年には150万円の利益を得ているのですが、この税金(10%)は戻せるのでしょうか?

④それと、配当金も毎年10%引かれているのですが、配当金の税金も戻ってくると聞いたのですが、
今年の2月に400万円を損したのですが、どの時点での配当金の税金から有効なのでしょうか?
例えば、今年の1月末日に配当を確定している企業のものなのか?あるいは、昨年の12月下旬締めで
株主権利を持った配当金であるが、配当金の紙が届いたのが今年の2月ぐらいのものでも、その損失を
埋めるための配当金として有効なのでしょうか?

⑤また、子どもが3人いるので医療費が非常にかかるので、毎年年末に医療費控除の確定申告を妻が
記入して申告しているみたいなのですが(毎年3万円ぐらい戻っているようです)、その医療費控除の
確定申告表を私は見たことがないのですが、その医療費控除の確定申告表と同時にこの株式損の
控除の申請も行わないといけないのでしょうか?ということは、妻と一緒に税務署とかに行かないと
いけないのでしょうか?

いろいろ質問して申し訳ないのですが、頼る人がいませんので、こちらを利用させていただきました。
どなたか丁寧にご教授頂けたら嬉しいです。

よろしくお願い致します。

和田
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  kaikei2103 返答済み 5 年 前.

①株式の譲渡損は、確定申告をすることで、以後3年間、「株式の譲渡益」や「配当」と相殺することができます。株式の場合は、譲渡益に課税されますが、この譲渡益が相殺されることで、源泉徴収された所得税が還付されることがあります。これがお金が戻るということです。

 

②上記手続きは確定申告で行います。自分でも手続きを理解可能だと思います。

国税庁のホームページで作成すれば良いです。

 

③今年の譲渡損を過去の譲渡益と相殺することはできません。

 

④配当所得は通常、株主総会の決議があった期の所得となります。配当の明細が届いた期の所得と考えても差し支えありません。従って、400万円の損失と相殺できるのは、今年配当の明細が届いたものです。

 

⑤医療費控除はご家族の分はご質問者様の確定申告でも、奥様の確定申告でも、どちらでも適用できますので、所得の一番高い方の確定申告書に記載するのが一番節税となります。

上記株の譲渡損と同時に行うのが最も手間が少ないと思いますが、ご面倒に思われるのであれば、税理士に丸投げしたほうが早いです。ご質問の内容であれば、3万円程度で引き受けてもらえると思いますし、あれこれ悩んで間違った申告をするよりもよほど良いかと思います。

 

以上、ご参考になさってください。

 

 

 

税金 についての関連する質問