JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ichinomiya-cptaに今すぐ質問する
ichinomiya-cpta
ichinomiya-cpta, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 105
経験:  昭和52年 名古屋国税局平成21年 半田税務署総務課長で退官平成21年 愛知県一宮市で税理士開業
66374304
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
ichinomiya-cptaがオンラインで質問受付中

昨年9月に親の土地を生前贈与として私、長男が受けましたが、今年の3月15日までの確定申告を忘れいた為、2500万円以

解決済みの質問:

昨年9月に親の土地を生前贈与として私、長男が受けましたが、今年の3月15日までの確定申告を忘れいた為、2500万円以下ですが、土地価格の4割程の贈与税が課せられました。
余りにも多過ぎて支払いが出来ませんが、何とか減税の申請等はないのでしょうか、お教え下さい。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  ichinomiya-cpta 返答済み 5 年 前.

 ご質問の趣旨は、2500万円までの贈与について課税されない、いわゆる相続時精算課税の適用についてのご相談という前提で以下に説明します。

 

 相続時精算課税の適用を受けるためには期限内に「相続時精算課税選択届出書」や「申告書」を提出しなければなりません。

 

 これを失念するなどして期限後になった場合には、相続時精算課税を受けることはできません。

 

 税法の中には、期限後や誤った手続きを行った場合などに宥恕規定(一定の条件で救済すること)がある場合もありますが、この相続時精算課税については一切ありません。

 

 大変お気の毒ですが、贈与税を納税するしかありません。

 

 以上、参考としてください。

 

質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答の質.
贈与税を免れる方策は、全く無いのでしょうか。
専門家:  ichinomiya-cpta 返答済み 5 年 前.

 贈与されたものが土地という登記される物件ですので、お気の毒ですが贈与税を免れることは不可能だと思います。

 

 以上、参考としてください。

 

ichinomiya-cptaをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問