JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ichinomiya-cptaに今すぐ質問する
ichinomiya-cpta
ichinomiya-cpta, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 105
経験:  昭和52年 名古屋国税局平成21年 半田税務署総務課長で退官平成21年 愛知県一宮市で税理士開業
66374304
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
ichinomiya-cptaがオンラインで質問受付中

住宅購入のため、平成23年に実祖父より1000万円の贈与を受け、非課税制度を利用しようと思っていました。 しかし当

解決済みの質問:

住宅購入のため、平成23年に実祖父より1000万円の贈与を受け、非課税制度を利用しようと思っていました。
しかし当初よりも住宅の工期が延び、平成24年 3月28日に入居しました。
贈与税の非課税制度の条件である、『3月15日までの入居』を満たせていないので、施工会社に確認をとると、「棟上げが終わっており、24年中に入居すれば問題ない」とのことですが、
そこがうやむやなままで今に至っており、結局贈与の申請をできていな状態です。
今からすぐにでも、税務署に申告しても(若しくは相談しても)非課税制度を利用できないでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  ichinomiya-cpta 返答済み 5 年 前.

 「住宅取得資金の贈与の特例」を受けるためにはいろいろな要件がありますが、その一つが期限内申告(平成24年2月1日から平成24年3月15日)です。

 

 したがって、あなたの場合には残念ながらこの特例を受けることはできません。

 

 以上、参考としてください。

 

ichinomiya-cptaをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問