JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ichinomiya-cptaに今すぐ質問する
ichinomiya-cpta
ichinomiya-cpta, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 105
経験:  昭和52年 名古屋国税局平成21年 半田税務署総務課長で退官平成21年 愛知県一宮市で税理士開業
66374304
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
ichinomiya-cptaがオンラインで質問受付中

個人所有の車を社有車として使用しています。実質課税の原則から、会社の資産に車両運搬具として計上して、減価償却する必要

解決済みの質問:

個人所有の車を社有車として使用しています。実質課税の原則から、会社の資産に車両運搬具として計上して、減価償却する必要があると思いますが、いかがでしょうか。教えてください。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  ichinomiya-cpta 返答済み 5 年 前.

 まずは、その個人所有の車を会社が買い取らなければなりません。この場合の価格は、購入時から通常の減価償却を行った場合の償却残高で問題ないでしょう。

 

 その上で買い取り価格をもとにして減価償却費を計上することになります。

 

 以上、参考としてください。

 

質問者: 返答済み 5 年 前.
ありがとうございました。
実は、質問の中にもう一つ前提がありました。
車は個人の所有なのですが、実質お金は会社が出しております。
会社がまだ立ち上がる前でしたので、会社のお金で個人名義で買って
もらったのですが、(会社の代表取締役・役員ではありません)
会社の設立登記したあとも、名義を変えずにそのまま社有車として
使用しています。
この場合、はじめの質問に戻りますが、実質課税の原則により会社の
資産の車両運搬具として計上して、減価償却する必要はありますか?
再度よろしくお願いいたします。
専門家:  ichinomiya-cpta 返答済み 5 年 前.

 「会社のお金で個人名義で買った」ということですが、仕訳はどのようになっているのでしょうか?

 

 「仮払金」や「貸付金」などの科目となっているのであれば、「車両運搬具」に振り替えて減価償却を行うことになります。

 

 しかし、名義が個人(特に従業員名義)となっている場合には、基本的に車両代金を会社へ返金して、あらためてその車両を会社へ売却したという処理の方が問題となる確率は低いでしょう。可能性としては車両代金がその従業員への給与と認定される場合もあります。

 

 もっとも、個人名義で購入せざるを得なかったような特別の事情がある場合は別ですが、ゴルフ会員権のような場合を除いてそのような事情は思い当たりません。

 

 以上、参考としてください。

 

ichinomiya-cptaをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問