JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kaikei2103に今すぐ質問する
kaikei2103
kaikei2103, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 10
経験:  東京大学卒業、3年間の大手監査法人勤務の後、資産税・不動産オーナー向け税理士事務所で税務の経験を積む。2012年開業。 税理士・公認会計士。
67192088
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
kaikei2103がオンラインで質問受付中

前年度の祖父の確定申告を孫である私が代わりに申告いたしました。 手間取りながらなんとか終わらせられて,還付金が98

解決済みの質問:

前年度の祖父の確定申 告を孫である私が代わりに申告いたしました。
手間取りながらなんとか終わらせられて,還付金が98898円発生しました。
しかし,祖父が4月1日に亡くなり,振込み予定であった祖父の口座がストップ?(多分父がしたのですが,話が通じずよくわからないのですが・・・)したため,国税還付金振込み取り消し通知書というのが届きました。「振込み取り消しの理由欄は何も書かれていません。
新たな振込口座を連絡するようにと書かれているのですが,祖父は亡くなっているため,本人の口座が存在しません。父(長男)の口座に振り込むようにしたいのですが,不可能なのでしょうか?第三者名義の口座には振り込む不可能と書かれていたので・・・。
当方大学生で無知で恥ずかしいのですがお教えいただけると幸いに存じます。よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  kaikei2103 返答済み 5 年 前.

 亡くなった方の銀行口座は遺産保全のため凍結され、遺産分割協議を行い手続きを行うまで入出金、振込などが不可能となります。また、還付金の振込口座は原則としては本人名義でなければなりません。

 通常は亡くなった方の所得税の確定申告は「準確定申告」と呼ばれ、通常の確定申告書の他に、相続人の代表者などを記載する「付表」の添付が必要となります。以下の国税庁のホームページの記載が参考となります。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2022.htm

 ご質問の場合、4月1日に亡くなられていますので、上記のURLの記載とは少し状況が異なります。従って、まず確実なのは通知書に記載された税務署の担当者に問い合わせます。(丁寧に教えて頂けるはずです。)そして、準確定申告の付表の提出が必要であれば、追加で提出することになります。この付表に還付金の振込口座として相続人の口座を記載することができます。

kaikei2103をはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問