JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

ichinomiya-cptaに今すぐ質問する

ichinomiya-cpta
ichinomiya-cpta, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 105
経験:  昭和52年 名古屋国税局平成21年 半田税務署総務課長で退官平成21年 愛知県一宮市で税理士開業
66374304
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
ichinomiya-cptaがオンラインで質問受付中

離婚と贈与税

解決済みの質問:

離婚と贈与税


 


①ローンの1,200万円を私の実父から貰って返済する場合に税金


    はどれぐらい必要でしょうか


 


②現在、私の名義になっている妻と築いて来た家の相互の権利の私


    の分を妻に贈与し、全てを妻の 名義に書き換えた場合の税金は贈


    与税が必要でしょうか


 


③上の②にかかる大まかな費用は、何が必要で、いくらぐらいが目安


    でかかるのでしょうか


 


④上の①については遺産相続を事前にする等して税金がかからない


    様にする等の工夫は可能なので しょうか、それとも1,000万以上


    の贈与は、やはり控除額225万円50%の税金がかかっ てしまう


  のでしょうか。


 


⑤上の④を上手く税金を少なくする方法はないでしょうか


 


⑥父からの贈与税に逃げ道がない場合、ローンを私が全額返済して  


  行くと言う事にして妻への名義 書き換えで、協議離婚の条件として 


  完済した場合と同じ条件として妻に提示することは出来るでしょうか


 


【条件】


20年以上婚姻生活をしている妻との離婚を検討しています。協議離婚しか難しいことを学習しました。妻は離婚したくないと言っています。妻はパートで働いていますが年収が扶養家族に該当しないので扶養にはなっていません。また妻の勤め先は65歳が定年との事です。妻の離婚が嫌な理由は生活が不安との事で愛情の関係は無いと相互に認めています。そこで私の条件として、いまローンを支払っている家の名義を私から妻に書き換えて家を贈与することで慰謝料や財産分与をまとめて出来ればと考えています。いま の家は戸建てで平成3年に購入時は土地1,600万、建物3,000万程度の家です。銀行ローンにて支払って来てあと1,200万円ほど残っています。そこで、ご相談させて頂いております。


 


 


少し、ややこしい質問となって申し訳ありませんが、ご回答をよろしくお願いします。

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  ichinomiya-cpta 返答済み 5 年 前.

1 「①」について

  ご存知のようですが、3,750,000円の贈与税が課税されます。

 

2 「②」について

  離婚の際の財産分与については、奥様の方には税金がかかりません。

  しかし、あなたの方はその不動産を時価で譲渡(売却)したものとして所得税が課税される場合があります。もっとも現在は購入時より土地の値段も下がっていると思われますので、通常は問題ないと思います。

 

3 「③」について

  登記費用等は必要となります。

 

4 「④」、「⑤」について

  将来お父様から相続する分を今取得する方法には、「相続時精算課税」という制度があります。

  また、この方法のほかに、あなたとお父さんとの間で「金銭消費貸借契約書」を作成して、お父様へ返済していくという方法もあります。この場合の注意事項としては、税務当局から贈与と認定されないために、きちっとした返済予定を作成し、利率も明確に定め、それにしたがってお父様の口座へ振込により返済していくなど、その実質を明確に備える必要があります。

  いろいろと方法はありますが、詳しくは税理士へご相談された方がよいでしょう。

 

 以上、参考としてください。

 

質問者: 返答済み 5 年 前.
金銭消費賃借する場合の利息は自由に設定する事が許されているのでしょうか?
設定ガイドラインみたいなものがあれば常識的な範囲で教えて下さい。

相続時精算課税制度について
上限がいくらまで無税か教えて頂いても良いでしょうか?
専門家:  ichinomiya-cpta 返答済み 5 年 前.

 金銭消費貸借契約の場合の利息については、特に定めはありません。もちろん無利息ではだめですが、低金利のご時世ですので、2%程度でも問題ないと思います。

 

 相続時精算課税制度は、通算で2,500万円までとりあえず無税で贈与を受けることができます。とりあえずを強調したのは、実際の相続時には相続財産に加算して相続税を計算することになるからです。

 

 したがって、最終的に相続税がかからない場合には問題ありませんが、そうでない場合には、暦年贈与(年間110万円まで無税)を利用したほうがよい場合もあります。

 

 私自身としては、顧問先に対して相続時精算課税を選択することはあまりお勧めしていません。少なくとも利用する場合には現在の財産状況や将来の予測を立て、税理士と相談された方がよいでしょう。

 

 以上、参考としてください。

 

質問者: 返答済み 5 年 前.
金銭消費賃借する場合、合法的な書類作成は税理士の先生にお願いするのでしょうか?
それとも個人が勝手に作成出来るのでしょうか?
あと返済期間は最大何年が許容されるのでしょうか?
専門家:  ichinomiya-cpta 返答済み 5 年 前.

 金銭消費貸借契約書は当事者も含めて誰が作成してもかまいません。ネット上にもたくさんのひな型がありますから参考にしてください。

 

 返済期間については、特に何年以内というようなことはありませんが、常識的に判断してください。たとえば返済時に100歳を超えるような契約は問題となるでしょう。もっとも2世代ローンなどもありますから、そのような契約にすれば問題はないかもしれません。

 

 以上、参考としてください。

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

 

ご返答ありがとうございます。この返済期間と言うのは私自身が父に対して支払能力の

ある期間であれば長期に設定することも可能と言う、常識の範囲であれば何年と言う

設定はないと言うことですね。

 

①私は現在54歳ですが年金を受給出来る65歳からも年金収入から支払う期間を

  平均寿命82.9歳までの28年間としても常識の範囲でしょうか

 

②返済期間中に完済途中で、父が亡くなった場合は、このローンについて、どのように

  なりますでしょうか?遺産相続としてこの負債を支払者である私が相続すると言う形に

  なりますよね。この場合の税金の扱いは大変微妙かと思います。

 

長々と数度に亘って返答してしまいまして、すみません。

もうそろそろ承諾に入らせて頂けると思います。

 

よろしく、お願いします。

 

 

専門家:  ichinomiya-cpta 返答済み 5 年 前.

1 「①」について

  特に問題はないと思います。

 

2 「②」について

  あなたのお考えのとおりお父様の相続財産になります。

  したがって、他の相続人との遺産分割の際には、この分も含めて行うことになります。

  また、相続税については、お父様の他の財産状況によります。

 

 以上、参考としてください。

質問者: 返答済み 5 年 前.

 

ご回答ありがとうございます。

 

①について仮に1.200万円を2%の金利で借りた場合は30年間返済として

  月々53,333円ぐらいでしょうか(おおまかなラインで結構です)

 

②金額が示して頂き難い場合は、計算式を教えて頂けると助かります。

  例えば(1,200万+1,200万×2%(年利)×30年)/360ヶ月の様な

  金利2%の考え方を教えて下さい。

 

③また1%だと更に金利を低く出来るので1%でも常識の範囲と認められるでしょうか

 

④私は一人っ子です。父の財産はありません。この場合、この私の父への借金は、

  父が亡くなった場合は私に相続されますが、私が私に支払うこととなるので

  結果的には残債は棒引きになるのでしょうか?その場合には再び課税対象となる

  可能性もあるのでしょうか?この辺りが複雑な様な気がしています。

 

よろしく、お願いします。

 

専門家:  ichinomiya-cpta 返答済み 5 年 前.

1 毎月の返済金額について

 返済条件として

  借入日  平成24年4月17日

  借入額  12,000,000円

  利息  2%

  返済開始日  平成24年5月10日

  返済期間  平成24年5月10日から30年間(毎月10日に返済 元利均等返済)

とした場合、

  初回(平成24年5月10日)返済額  39,477円

  2回目以降の返済額  44,354円

となり、返済総額15,962,480円(内利息3,962,490円)となります。

 

 計算方法については、ネット上で多数のフリーソフトが出回っていますのでご利用ください。

 

2 1%の場合

  断定はできませんが、長期間の固定金利としてはちょっと低いと思います。

 

3 残債について

  相続人があなただけで、お父様に相続税がかかるほどの財産がないのであれば、課税の問題はありません。

 

 以上、参考としてください。

 

ichinomiya-cpta, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 105
経験: 昭和52年 名古屋国税局平成21年 半田税務署総務課長で退官平成21年 愛知県一宮市で税理士開業
ichinomiya-cptaをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ありがとうございました。とてもわかり易く説明してくれました。 東京都在住
< 前へ | 次へ >
  • ありがとうございました。とてもわかり易く説明してくれました。 東京都在住
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • t8toshio

    t8toshio

    税理士

    満足した利用者:

    147
    税理士
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/T8/t8toshio/2011-11-1_21951_tsuji2.64x64.jpg t8toshio さんのアバター

    t8toshio

    税理士

    満足した利用者:

    147
    税理士
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/IC/ichinomiyacpta/2012-3-14_23516_240315jibun.64x64.JPG ichinomiya-cpta さんのアバター

    ichinomiya-cpta

    税理士

    満足した利用者:

    80
    昭和52年 名古屋国税局平成21年 半田税務署総務課長で退官平成21年 愛知県一宮市で税理士開業
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/07/07kazun/2011-10-1_43321_005.64x64.JPG 07kazun さんのアバター

    07kazun

    税理士

    満足した利用者:

    18
    大手監査法人退職後、独立開業中。
  • /img/opt/shirt.png fplawyer さんのアバター

    fplawyer

    弁護士・1級FP技能士・CFP

    満足した利用者:

    110
    弁護士 1級ファイナンシャル・プランニング技能士・CFP
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/RF/rf1035050/プロフィール.64x64.jpg rf1035050 さんのアバター

    rf1035050

    1級ファイナンシャル・プランナー

    満足した利用者:

    13
    コンサルタント
  • /img/opt/shirt.png onosenana さんのアバター

    onosenana

    2級ファイナンシャル・プランナー

    満足した利用者:

    13
    会計事務所勤務6年
 
 
 

税金 についての関連する質問