JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

ichinomiya-cptaに今すぐ質問する

ichinomiya-cpta
ichinomiya-cpta, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 105
経験:  昭和52年 名古屋国税局平成21年 半田税務署総務課長で退官平成21年 愛知県一宮市で税理士開業
66374304
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
ichinomiya-cptaがオンラインで質問受付中

有限会社です。 過去5年間の年間売上は1500~1800万円くらい。 この間、消費税や法人税の確定申告は一度もし

解決済みの質問:

有限会社です。
過去5年間の年間売上は1500~1800万円くらい。
この間、消費税や法人税の確定申告は一度もしていない。
取引先とのお金のやり とりは会社の口座ではなく、個人口座で行っている。
わざと個人口座を使ったのではなくネットバンキングができるからです。
この間の領収証などは一切保管していない。
このような状態で、2月24日新宿税務署から会社の活動が続いているのではないか?この間の確定申告がなされていないのではないか?などの連絡があり、しぶしぶ認めてしまった。
過去の売上の入金や委託料の支払いの記録がないことを告げ、税務署の方で現在調査中である。
このような場合、法律的に制裁を受けることがあるとしたらどんなものでしょうか?
事態改善の為に、どのようにすれば宜しいでしょうか?
よろしくお願い申し上げます。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  ichinomiya-cpta 返答済み 4 年 前.

 ご質問が「法律的に制裁を・・・」ということですので、その点に絞って説明します。

 

 まず、法人で営業しているにもかかわらず5年間確定申告書を提出していないということについての事実関係が、

 

1 申告をしないでもいいように偽って(たとえば架空の名義での取引等)申告していない。

2 利益が出ているのに出ていないように装って申告していない。

3 申告の必要性は認識していたが、面倒なので申告していない。

 

により、今後の展開は全く違ってきます。

 

 「1」又は「2」の場合は、最悪、新宿税務署から国税局の査察部門に引き継がれ強制調査(令状をもってきます)ということも想定すべきでしょう。査察部門は着手したのち、脱税として立件できるかどうかを調査したのち、できるとなれば検察庁に告発をします。告発を受けた検察は再度調査をして起訴するかどうかを検討します。ちなみに、脱税で起訴された場合は、現在まで有罪率100%となっています。

 

 「3」の場合は、基本的に期限後申告書を提出して、本税(本来の税金)、加算税(行政的な罰金ですが、いろいろな種類があります)、延滞税(遅延利息:年14.6%)等を納税して終了すると思いますが、最近は、このような単純無申告についてもかなり厳しい対応となっているようです。

 

 いずれにしても、早期に税理士へ相談し、誠意をもって対応することが必要です。

 

 以上、参考としてください。

 

質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答有り難うございます。

 

「1」について

質問にも書きましたが売上の受取や委託料金に支払いを会社口座ではなく、個人口座を使っていたことが、「1」の偽りに該当するか?

偽るつもりはなく、インタネットバンキングで全てが出来て、いちいち銀行に行って振込の為に並ばなくてもすむので使ってしまっただけですが!

参考までに、調査対象期間と一部重複する期間、会社の申告と別個に、私個人の所得申告は毎年同税務署にやっていましたが、この事実がマイナスに働くのかそれともプラスに働くのかも知りたいです。

 

「2」について

申告はしているが、利益を隠す又は減らして(赤字?)申告することを仰るのでしょうか?

そもそも申告自体していないので、これには該当しないのではと思われますが、如何でしょうか?

 

「3」について

まったくその通りです。

事実本人は、現在別の業種(農業)の会社を2009年10月に設立し運営していますが、この会社の申告は管轄税務署と相談しながら自身で申告しています。(今期黒字見込み)

そいう意味でも必要性は認識していますし、すべきとも思っておりますが、面倒なのと既に過去になったものを蒸し返すのもあれだしといった具合で、ある意味修復のチャンスを自らなくしてしまった。という愚かさをも感じて後悔しています。

 

以上、私の考えですが、私に悪意がなくても、税務調査官の解釈では悪意に取られてしまうのではないかと心配です。

 

本ケースは、「1」又は「2」に該当するのでしょうかそれとも「3」に該当するのでしょうか?

 

本ケースが、「1」又は「2」に該当する場合、年間売上額から見出した脱税額の大きさで推測した場合、起訴有罪になるのでしょうか?有罪になるのならどれくらいの有罪になるのでしょうか?実刑などもあり得ますか?

 

本ケースが、「3」に該当する場合、本税、加算税や延滞税などいわゆる追徴金(罰金)の総納税額はどのくらいになるのでしょうか?この場合、一括ではなく何年かに分割納付することもあり得ますか?

 

今まで税理士との付き合いがないのですが、このような事態でも相談に乗って頂ける税理士さんは見つかるのでしょうか?

専門家:  ichinomiya-cpta 返答済み 4 年 前.

1 「個人口座を使っていたことが、「1」の偽りに該当するか?」について

 微妙なところだと思います。上に記載されたような理由であって、隠すつもりではなかったということを説明してご理解いただくしかないでしょう。

 

2 「この事実がマイナスに働くのかそれともプラスに働くのか」について

 少なくともプラスにはなりません。行っていた業務が法人の業務に該当すれば法人税の無申告、個人の業務となれば所得税の過少申告ということになるでしょう。

 

3 「利益を隠す又は減らして(赤字?)申告すること」について

 無申告の場合にも利益の隠ぺい又は仮装ということがあります。詳細はここでは割愛させていただきます。

 

4 「「1」又は「2」に該当するのでしょうかそれとも「3」に該当するのでしょうか」について

 税務調査の過程で行われる事実認定の問題ですのでここではお答えできませんが、少なくとも「法人の収入とすべきものを個人名義で取引して、その法人は申告を行っていない」と考えますと、「1」や「2」と認定される可能性があると思われます。

 

5 「脱税額の大きさで推測した場合・・・」について

 一概には何とも言えません。脱税という前提で考えれば、その規模、手口の悪質性、反省の程度などが大きな判断材料となるのでしょう。現実に実刑判決も出ています。

 

6 「総納税額はどのくらいになるのでしょうか」について

 法人税、所得税、消費税の国税のほか、住民税や事業税などもあり、ここでは計算できません。

 なお、法人税などは所得(利益に近い)に課税されますし、消費税は売上等にかかる消費税から仕入れ(経費)等にかかる消費税を差し引いたものとなります(ただし、領収書等の保存がない場合には控除できません)。

 また、加算税はごまかしと認定された場合本来納税すべき金額の40%、そうでない場合は15%または20%となります。

 

7 「分割納付することもあり得ますか」について

 一度に全額を納税できない場合には、税務署の徴収部門と相談して、分割で納める場合もあります。ただしこの場合、原則として1年以内であり、担保等を要求される場合もあります。(例外もあります)

 

8 「相談に乗って頂ける税理士さんは見つかるのでしょうか」について

 ネット上でお探しになれば見つかると思います。

 

質問者: 返答済み 4 年 前.
再投稿:その他.
回答が曖昧で、回答を頂いても、明確な解決方法が見つかりません。
必ずしも別の回答を求めてる訳ではないですが、満足できなかったことを表現する方法がこれしかないので、この形をとりました。
回答に満足してはいませんが、料金は決済して頂いても結構です。
専門家:  ichinomiya-cpta 返答済み 4 年 前.

 ちょっとわかりにくい回答で申し訳ありません。

 

 ただ、税務調査というのは事実関係を国税側がどう認定するかが非常に重要なポイントですので、このサイトだけではっきりした回答を行うのは困難だということをご理解いただきたいと思います。

 

 今言えることは、税務調査に税金の専門家ではない方が対応するのは難しいと思いますで、今までの取引の詳細を書類等で税理士に示し、国税側との交渉にあたっていただくことが賢明だと思います。

 

 私自身もそのような対応を専門に行っていますが、このサイトでは実名や連絡方法を明らかにすることは禁止されているようですので、ネット上でお探しください。

 

 以上、参考としてください。

 

ichinomiya-cpta, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 105
経験: 昭和52年 名古屋国税局平成21年 半田税務署総務課長で退官平成21年 愛知県一宮市で税理士開業
ichinomiya-cptaをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ありがとうございました。とてもわかり易く説明してくれました。 東京都在住
< 前へ | 次へ >
  • ありがとうございました。とてもわかり易く説明してくれました。 東京都在住
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • t8toshio

    t8toshio

    税理士

    満足した利用者:

    147
    税理士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/T8/t8toshio/2011-11-1_21951_tsuji2.64x64.jpg t8toshio さんのアバター

    t8toshio

    税理士

    満足した利用者:

    147
    税理士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/IC/ichinomiyacpta/2012-3-14_23516_240315jibun.64x64.JPG ichinomiya-cpta さんのアバター

    ichinomiya-cpta

    税理士

    満足した利用者:

    80
    昭和52年 名古屋国税局平成21年 半田税務署総務課長で退官平成21年 愛知県一宮市で税理士開業
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/07/07kazun/2011-10-1_43321_005.64x64.JPG 07kazun さんのアバター

    07kazun

    税理士

    満足した利用者:

    18
    大手監査法人退職後、独立開業中。
  • /img/opt/shirt.png fplawyer さんのアバター

    fplawyer

    弁護士・1級FP技能士・CFP

    満足した利用者:

    110
    弁護士 1級ファイナンシャル・プランニング技能士・CFP
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RF/rf1035050/プロフィール.64x64.jpg rf1035050 さんのアバター

    rf1035050

    1級ファイナンシャル・プランナー

    満足した利用者:

    13
    コンサルタント
  • /img/opt/shirt.png onosenana さんのアバター

    onosenana

    2級ファイナンシャル・プランナー

    満足した利用者:

    13
    会計事務所勤務6年
 
 
 

税金 についての関連する質問