JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ichinomiya-cptaに今すぐ質問する
ichinomiya-cpta
ichinomiya-cpta, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 105
経験:  昭和52年 名古屋国税局平成21年 半田税務署総務課長で退官平成21年 愛知県一宮市で税理士開業
66374304
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
ichinomiya-cptaがオンラインで質問受付中

昨年、税務署のかたがいらっしゃいました。 はずかしながら、申告のやり方が間違っており 申告漏れしており修正申告す

解決済みの質問:

昨年、税務署のかたがいらっしゃいました。
はずかしながら、申告のやり方が間違っており
申告漏れ しており修正申告するように言われました。
申告所得税、、国民保険、市民税などをあわせると
300万円以上あります。
税務署のかたには、銀行や公庫などでお借りして
収めたほうがいいといわれました。
年収も900万円以上あるのでご融資してくれるでしょうと
言われましたので、いろいろ探してみましたが
まとめて300万円をご融資してくれるところが
ありません。

分納でも、1年以内には収めて欲しいと言われましたので
自分だけではいい方法が見つからなので
ご相談させていただきました。

よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  ichinomiya-cpta 返答済み 5 年 前.

 税務署側の指摘はもっともであっても、過去の申告漏れに対する税金等を一度に納めるのは大変なことだと思います。

 

 前提として、すでに所得税の修正申告書を提出されたものとして説明させていただきます。

 

 「分納でも1年以内に」というのは原則的な話で、すぐに納められない場合に、担当の調査官はそのように説明するよう指示されているようです。

 

 しかし、現実には、金額にもよりますが原則通りいかない場合もたくさんあります。

 

 ただ、売掛金等の差し押さえなどをされては、ご商売そのものが立ち行かなくなる場合もありますので、絶対に避けなければなりません。

 

 まずもっともよいのは、不動産等を担保提供することですが、融資が受けられなかったということは、そのような財産もないと推察します。

 

 そのような場合には、調査に来た担当者ではなく、税務署の徴収担当へ出向いて、「納税についての誠意」を見せることが重要です。

 

 具体的には、月々の収入や経費の状況を数字で示して、「毎月これぐらいなら納税できる」ということ(「納付計画」といいます)を説明することです。誠意を持って説明すれば、その計画がたとえ1年以上となる場合でも、よほど長期でない限りとりあえずは了解してもらえるのではないでしょうか。ただ、「延滞税」は年利14.6%ですので、並行して銀行等へ融資交渉をされることをお勧めします。

 

 なお、国税だけではなく住民税や健康保険なども後日通知されると思いますが、まずは国税優先で検討された方がよいでしょう。(理由は割愛させていただきます)

 

 以上、参考としてください。

 

ichinomiya-cptaをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問