JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
r-masakiに今すぐ質問する
r-masaki
r-masaki, 2級ファイナンシャル・プランニング技能士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 4
経験:  AFP認定申請中、2012年11月CFP受験予定。 税理士事務所に8年間勤務。
66486248
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
r-masakiがオンラインで質問受付中

背広とか、昼食を、経費で落とせますか? 厚生年金保険料を、安く出来ますか。

質問者の質問

背広とか、昼食を、経費で落とせますか?

厚生年金保険料を、安く出来ますか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  r-masaki 返答済み 5 年 前.

経営者の方と仮定してお答えします。

前提が異なる場合は再度回答させていただきます。

 

背広を経費にということですが、正直難しいかと思います。

税務調査があればまず間違いなく否認されるでしょう。

(一般のサラリーマンは給料から自腹で買っているのですから、

経営者の方もご自分の役員報酬などで買うのが普通という考え方になると思います)

ただ、100%事業用である客観的な証拠(外から見える位置に社名やメーカーのロゴがあるなど)があれば、必要経費であるという主張も可能にはなってきますね。

客観的に見て「単なるスーツではなく制服である」と判断できる要素があればいいわけです。

 

昼食に関しては、取引先等との情報交換であったり、社内での打合せであったりすれば、経費として処理することは可能かと思います。

背広と同じで「事業に関連していること」が証明できれば、必要経費となる…という考え方です。

 

また、それ以外の昼食代(会社で取りまとめて注文するお弁当など)に関しては、

(1) 半分以上を本人が負担(給与天引きが多いと思います)

(2) 会社が負担する金額が1か月当たり3,500円以下

の両方を満たせば、福利厚生費として費用処理ができます。

 

 

厚生年金の事業所負担を安くするには……

お給料を少なくする以外にないのではないでしょうか?

今は脱退する(個々が国民年金に加入する)ことも恐らく不可能でしょうし。

納付が厳しい場合、年金事務所で相談すれば分割等何らかの対応はしてくれるかと思います。

税金 についての関連する質問