JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

ichinomiya-cptaに今すぐ質問する

ichinomiya-cpta
ichinomiya-cpta, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 105
経験:  昭和52年 名古屋国税局平成21年 半田税務署総務課長で退官平成21年 愛知県一宮市で税理士開業
66374304
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
ichinomiya-cptaがオンラインで質問受付中

はじめまして。 現在、正社員として仕事をしております。趣味で結婚式司会のレッスンを受けていたところ、繁忙期のみをメ

解決済みの質問:

はじめまして。
現在、正社員として仕事をしております。趣味で結婚式司会のレッスンを受けていたところ、繁忙期のみをメインに司会を手伝うこととなりました。
司会業は仕事としては楽しいのですが、生活していける所得レベルではないので、正社員として働きながら続けられたらと考えております。
ただし、会社は副業を禁止していますので、会社に気づかれずに対応する方法があるかを教えていただきたいです。

-正社員の年収は税引き前で700万円程度
-司会の年収は、税引き前で50万円程度

【司会業の現在の待遇】
1)結婚式場を運営する会社に「アルバイト」扱いで所属。年末には源泉徴収表も出すとのことです。
2)支払いは、1回の司会単価+交通費。
3)毎月、自分で請求書を作成し、会社に提出。それに基づき支払われる。
4)給与支払明細書が出され、支給欄の「基本給」というところに、上記2)の「司会単価*回数」、「非課税通勤手当」の欄に上 記2)の交通費が記載されています。
5)支払いは、基本給=所得税10%を除いた金額。交通費全額。
6)繁忙期メインなので、月により収入には差がある予定。

【私の見解】
-様々な情報を調べる中で、その他経費→住民税の普通徴収とすれば、正社員の会社に通知がいかないため、気づかれないということがわかりました。
-実際のアルバイトであれば、「給与所得」となりますが、司会のように時給等で仕事をするのではなく、報酬という見方が強いものについては、待遇がアルバイトであったとしても、雑所得として確定申告にて申告ができると言う話がありました。
-司会業の場合、司会用のスーツ・美容院・ネイルサロン等追加でお金が掛かることも多く、50万円程度の年収であれば、殆ど経費で消えてしまうのでは無いかとも思います。その他経費になるのであれば、今後、税理士さんとも話をしながら確定申告に向けて必要な準備を進めていきたいと思います。

【ご質問】
私の場合、司会業の収入について「その他経費」として申告することは可能でしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  ichinomiya-cpta 返答済み 4 年 前.

 まず、ご質問の「その他経費」というのは、「その他事業」の誤りである、という前提で説明させていただきます。

 

 結婚式場を運営する会社とあなたとの関係ですが、ご質問の内容から判断しますと、次の理由から会社側は給与としてあなたに支払っている、と見受けられます。

1 源泉徴収をしている(司会業という事業であれば源泉徴収は必要ありません)

2 源泉徴収票が発行される(支払調書ではなく給与の源泉徴収票と思われます)

3 交通費が非課税通勤手当として区分されて支給される

 

 そうしますとあなたが司会を行って受け取られた報酬は「給与所得」に該当することになり、「その他事業」ではなく、2か所からの給与を合算して所得税の確定申告書を提出する必要があります。また、この会社からあなたがお住まいの市町村へ「給与支払報告書」が提出されますので、両方の給料を合算したところの住民税がメインでお勤めになっている会社で特別徴収されることになります。

 

 では、どのようにしたら事業所得となるのかですが、手っ取り早いのは結婚式場を運営している会社とあなたとの間で「業務委託契約」等を結ぶことです(本来は給与とすべきものを名目だけこのような形にするものを除きます)。

 するとあなたは、「事業者」となり、その会社から支払われたものを収入金額とし、そのために要した費用を経費として申告することになります。また、この事業で損失が出た場合には給与所得と通算して、源泉所得税の還付を受けることもできます。

 

 なお、この場合、住民税について、給与にかかるもの以外を普通徴収とすることもできます(併徴といいます)。

 

 以上、参考としてください。

 

ichinomiya-cpta, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 105
経験: 昭和52年 名古屋国税局平成21年 半田税務署総務課長で退官平成21年 愛知県一宮市で税理士開業
ichinomiya-cptaをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ありがとうございました。とてもわかり易く説明してくれました。 東京都在住
< 前へ | 次へ >
  • ありがとうございました。とてもわかり易く説明してくれました。 東京都在住
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • t8toshio

    t8toshio

    税理士

    満足した利用者:

    147
    税理士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/T8/t8toshio/2011-11-1_21951_tsuji2.64x64.jpg t8toshio さんのアバター

    t8toshio

    税理士

    満足した利用者:

    147
    税理士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/IC/ichinomiyacpta/2012-3-14_23516_240315jibun.64x64.JPG ichinomiya-cpta さんのアバター

    ichinomiya-cpta

    税理士

    満足した利用者:

    80
    昭和52年 名古屋国税局平成21年 半田税務署総務課長で退官平成21年 愛知県一宮市で税理士開業
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/07/07kazun/2011-10-1_43321_005.64x64.JPG 07kazun さんのアバター

    07kazun

    税理士

    満足した利用者:

    18
    大手監査法人退職後、独立開業中。
  • /img/opt/shirt.png fplawyer さんのアバター

    fplawyer

    弁護士・1級FP技能士・CFP

    満足した利用者:

    110
    弁護士 1級ファイナンシャル・プランニング技能士・CFP
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RF/rf1035050/プロフィール.64x64.jpg rf1035050 さんのアバター

    rf1035050

    1級ファイナンシャル・プランナー

    満足した利用者:

    13
    コンサルタント
  • /img/opt/shirt.png onosenana さんのアバター

    onosenana

    2級ファイナンシャル・プランナー

    満足した利用者:

    13
    会計事務所勤務6年
 
 
 

税金 についての関連する質問