JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ichinomiya-cptaに今すぐ質問する
ichinomiya-cpta
ichinomiya-cpta, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 105
経験:  昭和52年 名古屋国税局平成21年 半田税務署総務課長で退官平成21年 愛知県一宮市で税理士開業
66374304
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
ichinomiya-cptaがオンラインで質問受付中

私は厚生年金受給で確定申告し還付されました。妻(共済年金受給中)は扶養控除にしました。 妻の年金(約170万)は申

解決済みの質問:

私は厚生年金受給で確定申告し還付されました。妻(共済年金受給中)は扶養控除にしました。
妻の年金(約170万)は申告しませんでした。
この場合、妻の共済年金額も申告する必要がありますか?
また、申告した場合、どのような手続きが必要でしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  ichinomiya-cpta 返答済み 5 年 前.

 ご質問の内容に沿ってお答えします。

 

1 「妻の共済年金も申告する必要がありますか」について

 本年から公的年金(共済年金も含まれます)の額が400万円以下で、他の所得が20万円以下の場合は確定申告をしなくてもよくなりました。ただし、年金から源泉所得税が徴収されている場合や、医療費控除等を受けられる場合には、確定申告書を提出したほうがよいでしょう。

 

2 「申告した場合どのような手続きが必要か」について

 あなたが行ったように、税務署へ年金の源泉徴収票をもってご相談されれば、おそらくその場で手続きは終わると思います。

 

3 扶養控除(正しくは配偶者控除)について

 奥様の年金がご質問のとおり170万円であれば、配偶者控除は受けられません(奥様が65歳以上であれば「配偶者特別控除」は一部受けられます)。

 したがって、税務署で正直のお話をされ、早期に修正申告書を提出されることをお勧めします。

 なお、年金については、奥様が確定申告をするしないにかかわらず、地方税当局を通じて国税当局へも連絡がいくことを申し添えます。

 

 以上、参考としてください。

ichinomiya-cptaをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問